手のしびれ、どこに行っても納得のいく治療を受けられない…

S.T様 20代 女性 京都市北区在住 (職業)学生

症状 腕神経叢損傷(首の神経が損傷しているもの)

 

何が決め手で当院を受診されましたか?

友人が通院していたのですが、とても丁寧でやさしい先生だときき受診してみようと思いました。

 

どのような症状にお悩みで当院を受診されましたか?

・右側の首から指にかけてのしびれ痛み。

・腕(肩)の可動域の狭さ。

 

実際に受診されてみてどうでしたか?

今までいくつもの病院に行きましたがどこも納得のいく診察はしてもらえませんでした。

先生にはとても丁寧な診察をしていただき、症状の原因とその改善法までわかりやすく説明をしていただきました。

質問にもしっかり対応していただけて不安もなくなりました。

ありがとうございました。

 

院長コメント

この患者さんの症状は腕神経叢損傷(わんしんけいそう損傷)もしくは「引き抜き損傷」といって出生時に神経が損傷されたもので、完璧な改善は手術をもってしても難しいものです。

大切なことは肩関節や関連する関節の拘縮を少しでも予防、改善すること。

本来であれば病院でしっかりとしたリハビリを受けるべきところですが、どこに行っても治らないと言われるだけ。

この場合治すことが大切なのではなく、今後この患者さんに起こりうる障害をいかに予防するかです。

患者さん一人一人の症状に人生がかかっていことを医療機関にも理解していただきものです。

CCF20151216_0006

 

コメントを残す