自分で自分の体を知り調整していく術をここで身につけることができた。

竹森大祐 様 20代 男性 京都市北区在住 (職業)大学生

症状 すねの痛み(シンスプリント)足の甲の痛み(腱鞘炎)

 

何が決め手で当院を受診されましたか?

マンションが同じで通いやすいから

 

どのような症状にお悩みで当院を受診されましたか?

すねの痛み(シンスプリント)

 

実際に受診されてみてどうでしたか?

すねの痛みが体の硬さと関係していて改善するためのセルフケアを丁寧に教えてくれた。

先生任せではなく、自分で自分の体を知り調整していく術をここで身につけることができた。

毎回の問診を詳細にしてくれるので、その度に体の具合を確認することができ

先生とのおしゃべりは本当に楽しかった。

 

院長コメント

確かに楽しくおしゃべりしていました(笑)この患者さんはボクシングをされていて、あの長谷川穂積選手と同じジムのだそうです。スポーツ選手を治療していると、どうも会話が弾んでしまいますね♪

さて症状ですが、脛骨過労性骨膜炎(シンスプリント)というものです。

マラソンランナーなど走る競技の選手に多く見られ、放置して練習を続けると疲労骨折を起こす可能性があります。

炎症が治まれば痛みもなくなりますが、大切なことは体の使い方や負担のかからないような柔軟性を身につけ、再発を防止することです。

鍼灸治療、足首の整体、体幹トレーニング、コアコンディショニングなどを行いました。

今現在、痛みは全く出ておらず全力で練習できているそうで良かったです(^^)

スポーツをられている方のサポートはお任せください!

痛みを改善する治療から、コンディショニング、トレーニングなど「痛みの出ない体つくり」「パフォーマンスアップ」までサポートさせていただきます。

もり鍼灸整骨院の「スポーツコンディショニング」はこちら。

CCF20160122_0001

(柔道整復師・鍼灸師 森洋人 監修)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です