「思うようにボールが投げられない…今では球速も上がりました」投球障害お悩みの高校生

村上晴紀君 10代 男性 京都市伏見区在住 職業:高校生

症状:野球で思うようにボールが投げられない

何が決め手で当院を受診されましたか?

ネットでみました。

 

どのような症状でお悩みでしたか?

自分の思うようにボールが投げられなくなったことです。(今までのように投げられない)

 

実際に受診されてみてどうでしたか?

通院するにつれて徐々に投げられるようになり、以前よりも球速が上ったりするなどプラスになる部分が多く、野球の知識なども増えました。

 

院長コメント

村上君コメントいただきありがとうございます。

来院当初は、今まで普通に投げられたのがボールが指に引っかかりすぎたり、逆に抜けてしまったりというお悩みでした。

これは野球ではよくある「イップス」といわれる状態です。

これは単に精神的な問題だと思われがちですが、多くの選手はフィジカルに問題があります。

村上君もその一人で、股関節の使い方や腕の降り方をトレーニングする中で以前よりも球速が上り、思うように投げられるようになりました。

今ではさらにレベルアップを目指して指導させていただいております。

投げられないのを単に気持ちの問題だというのは間違いです。

お困りの選手はぜひ当院にご相談ください。

コメントを残す