イップスが治った高校生(京都市左京区、野球ピッチャー)

M.H君 10代 男性 京都市左京在住 職業:高校生

症状:イップス(投球障害)

 

何が決め手で当院を受診されましたか?

インターネットでホームページを見て。

 

どのような症状でお悩みでしたか?

突然ピッチングフォームが崩れて投げられなくなったから。

 

実際に受診されてみてどうでしたか?  

フォームの動画をみてもらい自分の悪かったところを改善していただいたり、力が入らないのを改善していただいたり、悩みを聞いていただきました。

実際に完治したので本当に感謝しています。ありがとうございました。

 

院長コメント

M.H君ご感想いただきありがとうございます!

「ボールに力が入らなくなってしまった」そうご相談をいただき治療をしていくことになりました。

M.H君はピッチャーでチームからも期待をされている選手です。

ある試合後から突然うまく投げられなくなり、ボールに力が入らない、指にかかる感じがしなかったと話していました。

イップスはメンタル、フィジカルの両方に原因があり、その治療はとても専門的な知識が必要になります。

特に野球のイップスは投球動作をきちんと分析、指導できないといけないのでイップスになってもほとんどの選手は自分ひとりでは改善できません。

M.H君はしっかりと治療や改善をおこなうことで、3か月後には問題なく復帰することができました。

イップスは長引かすほど厄介なものになりますので、イップスでお悩みの方はなるべく早めにご相談ください。

 

イップスについてはこちらのブログをご覧ください

「野球で思うように投げられない」投球イップスの原因とその治療法

【動画あり】野球のイップスでお悩みの方へ~2つのパターンとその改善法~

 

 

コメントを残す