コロナウイルス対策 (COVID-19) を徹底しております

コロナウイルス対策のお知らせ

 

ここ数か月テレビやネットなどで新型コロナウイルス (COVID-19)(以下コロナウイルス)関連のニュースが毎日取り上げられ、不安に思われている方も多いことでしょう。

 

当院でも当然できる限りの対策を行っており、医療機関としてコロナウイルスの流行前から国の基準を満たす対策を実施しています。

以下、当院で行う対策についてまとめております。

皆様に安心していただくためにももっとはやく告知をするべきでした。大変申し訳ありません。

 

換気の設備

厚生労働省HPの情報(3月26日時点)では、

国内の感染状況を見ても、空気感染は起きていないと考えられるものの、閉鎖空間において近距離で多くの人と会話する等の一定の環境下であれば、咳やくしゃみ等がなくても感染を拡大させるリスクがあります。

「1.換気の悪い密閉空間、2.人が密集している、3.近距離での会話や発声が行われる」という3つの条件が同時に重なった場所(換気が悪く、人が密に集まって過ごすような空間(密閉空間・密集場所・密接場所))に集団で集まることは避けてください。

 

とのことから、換気をおこなうことが有効だと推奨されています。

 

そもそも、病院や整骨院、鍼灸院などは国の定める「構造設備基準」というものが存在し、

 

・施術室面積の7分の1以上に相当する部分を外気に開放し得ること

・施術に用いる器具、手指等の消毒設備を有すること

・常に清潔に保たれていること

・採光、照明及び換気が充分になされていること

 

とされています。

こららの基準を満たさなければ開業ができず、当然当院も十分にこの基準を満たしております。

 

院内は定期的に換気をしており、換気扇設備はトイレを含めると5つあります。基準を優に満たす環境で常にきれいな状態です。

 

患者さん同士の接触はない

当院は完全予約制で、患者さん同士が同時に滞在することがないようにしております。

院内で人が密集することは100%ありえない状態です。

 

こまめな手洗いをしています

鍼灸を取り扱う我々としては、当然のようにウイルスの流行以前に徹底した手洗いを行っております。

施術前、施術後には必ず石鹸での手洗いを洗い、アルコールや次亜塩素酸水での手指消毒を行います。

マスクの着用

当院ではインフルエンザの感染予防、その他感染症の予防のため通常から冬季になるとマスクを着用して施術にあたっております。

施術スタッフ、受付スタッフ共にマスクの着用を義務づけ飛沫感染を防ぐよう努めておりますのでご安心ください。

 

消毒設備

施術者は患者様の施術前、施術後には必ずアルコールでの手指消毒をします。

また、患者様1人1人のご予約の間には、ベッド、椅子、施術道具すべての消毒し、常に清潔な状態を心がけています。

空気清浄

当院では施術室、待合室共に空気清浄機を設置し、定期的に窓を開放し換気を行い、施術時間内は常に換気扇を稼働させております。

また、次亜塩素酸水を用いた加湿器を設置し、一般的なウイルス予防と同様に、室内の湿度を一定に保つよう努めております。

患者様のご協力もお願いしております

患者様にもご来院時やお帰りの際に手指の消毒をお願いしております。

何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

まとめ

当院ではこのような感染予防を徹底しておりますので、どうぞ安心してご来院いただければと思います。

新型コロナウイルスの情報はこちらからご確認ください。

 

厚生労働省の情報はこちらをご覧ください

「新型コロナウイルス感染症について」

「新型コロナウイルスに関するQ&A」

 

京都市にお住いの方はこちらをご覧ください

「新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ」

(柔道整復師・鍼灸師 森洋人 監修)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です