イップスが治った高校生(京都市左京区、野球ピッチャー)

M.H君 10代 男性 京都市左京在住 職業:高校生

症状:イップス(投球障害)

 

何が決め手で当院を受診されましたか?

インターネットでホームページを見て。

 

どのような症状でお悩みでしたか?

突然ピッチングフォームが崩れて投げられなくなったから。

 

実際に受診されてみてどうでしたか?  

フォームの動画をみてもらい自分の悪かったところを改善していただいたり、力が入らないのを改善していただいたり、悩みを聞いていただきました。

実際に完治したので本当に感謝しています。ありがとうございました。

 

院長コメント

M.H君ご感想いただきありがとうございます!

「ボールに力が入らなくなってしまった」そうご相談をいただき治療をしていくことになりました。

M.H君はピッチャーでチームからも期待をされている選手です。

ある試合後から突然うまく投げられなくなり、ボールに力が入らない、指にかかる感じがしなかったと話していました。

イップスはメンタル、フィジカルの両方に原因があり、その治療はとても専門的な知識が必要になります。

特に野球のイップスは投球動作をきちんと分析、指導できないといけないのでイップスになってもほとんどの選手は自分ひとりでは改善できません。

M.H君はしっかりと治療や改善をおこなうことで、3か月後には問題なく復帰することができました。

イップスは長引かすほど厄介なものになりますので、イップスでお悩みの方はなるべく早めにご相談ください。

 

イップスについてはこちらのブログをご覧ください

「野球で思うように投げられない」投球イップスの原因とその治療法

【動画あり】野球のイップスでお悩みの方へ~2つのパターンとその改善法~

 

 

「丁寧に治療していただいて数週間で痛みも消えていました」野球肩の大学生(京都市上京区)

M.Iさん 20代 男性 京都市上京在住 大学生(硬式野球)

症状:野球肩、肩の痛み

何が決め手で当院を受診されましたか?

インターネットを見てきました。

 

どのような症状でお悩みでしたか?

野球をしていて投げる時に肩に痛みを感じた。

 

実際に受診されてみてどうでしたか?

丁寧に治療していただいて数週間で痛みも消えていました。

またいろんな話もできたのでとてもリラックスできました。

 

院長コメント

M.Iさんご感想いただきありがとうございます。

ご来院時は肩の痛みで投球ネットに向かって投げることも困難な状態で筋肉の損傷が疑われました。

肉離れのような状態であれば通常、復帰までに1~2カ月かかりまにすが、週に2回の治療で2週間後には普通に投げられるようになりました。

フォームにもいくつか問題があったのでアドバイスさせていただきました。

痛み初めてすぐに治療をおこなうと比較的スムーズに良くなりますが、痛みを我慢したまま投げ続けていると治りにくい状態になります。

スポーツによる痛みでお悩みの方はできるだけ早めにご相談ください。

「肩の痛みは受診してからどんどん引いていくのを実感した」野球肩、京都市北区の高校生

池田嘉弘君 10代 男性 京都市北区在住 職業:高校生(野球部)

症状:野球肩

何が決め手で当院を受診されましたか?

ホームページを見て野球をしている人の治療をしてくださると知ったから。

 

どのような症状でお悩みでしたか?

右肩に投げると激痛が走る。(野球肩)

 

実際に受診されてみてどうでしたか?

肩の痛みは受診してからどんどん引いていくのを実感した。

痛みをとることの他に、次にまた同じようなことにならないようにするために意識すべきことなども教えていただけたのでよかった。

 

院長コメント

池田君ご感想いただきありがとうございます。

来院時は肩を動かすだけでも痛みが出ていて、ボールはほとんど投げられない状態でした。通常であれば1ヶ月ほど安静にし、その後リハビリを開始して3か月ほどで完治を目指すような野球肩です。

ただ、当院では「神経筋無痛療法」という痛みを早期に改善する治療をおこなえるため2週間、計4回ほどの治療でほとんど痛みの無い状態まで改善することができました。

投げ方にも肩を痛める原因があったために投球動作指導をおこない再発を防ぐアドバイスをさせていただきました。

野球肩は単なる投げすぎや使い痛みではありません。必ず痛みの原因がありますのでそれが改善されない限りは痛みを繰り返す可能性がります。

野球肩になった場合、身体の使い方に問題はないのか、フィジカルに問題はないのか、投球フォームに問題はないのかなど様々な視点で治療をおこなう必要があります。

野球肩にお悩みの際はお早めにご相談ください。

「腕の激痛でバットも振れない。数回の治療で振れるようになり不安もなくなった」滋賀県からお越しの学生

T.K君 10代 男性 滋賀県甲賀市在住 職業:中学生(野球部)

症状:腕の痛み(尺骨疲労骨折)

何が決め手で当院を受診されましたか?

知り合いの紹介で。

 

どのような症状でお悩みでしたか?

尺骨の痛みでバットを振ることができなかった。

(尺骨疲労骨折との診断)

 

実際に受診されてみてどうでしたか?

激痛でバットも振れなかったが先生の治療を数回しただけでバットも振れるようになり、不安もなくなった。

本当に感謝しています。

 

院長コメント

T.K君ご感想いただきありがとうございます。

来院時はバットを振るはもちろんのこと、強い打球を捕球することや、グッと腕に力を入れるだけでも痛いという状態でした。

病院にいくと疲労骨折との診断でしたが、試合も近いため何とか1日でも早く治したいということで滋賀県からご来院くださいました。

「神経筋無痛療法」をおこない初回の治療から力を入れた時の痛みがなくなり、2回目の来院時に話しを聞くとボール捕球時の痛みもなくなっていました。

3回の治療後には強くバットを振っても痛みがなくなったのでバッティングができるようになり、2週間、計5回で治療を終了しました。

疲労骨折を起こしていても、「神経筋無痛療法」をおこない骨の周りの筋肉や骨膜といった組織を正常にはたらかすことができれば、問題なくプレーが出来るほど痛みは改善します。

これは捻挫や肉離れ、その他関節の痛みでも同様です。

もちろん個人差や症状により差ははありますが、重度の怪我でも数回の治療で競技復帰できる可能性もありますので、早く痛みを治したいスポーツ選手は早めにご来院ください。

「治療をしていただいてすぐに腕が上がるようになり痛みも取れた」肩の痛み、京都市南区、男子バレー部

T.K君 10代 男性 京都市南区在住 職業:高校生(バレーボール部)

症状:肩甲骨の痛み、肩の痛み

 

何が決め手で当院を受診されましたか?

親がインターネットで当院を見つけて

先生が野球をされていてアスリートの気持ちがよくわかると父にすすめられた

 

どのような症状でお悩みでしたか?

バレーボールによる肩甲骨の痛み

 

実際に受診されてみてどうでしたか?

最初は横に腕が上がらなかったけど、治療をしていただいてすぐに腕が上がるようになり痛みも取れた。

丁寧に教えていただいて実際にボールを使ってやってみて痛みをしっかり言うことができて治してもらえた。

 

院長コメント

T.K君ご感想いただきありがとうございます。

来院時は肩甲骨から肩の痛みで腕を上げる動作もできませんでした。

初回の治療から痛みなく腕が上がるようになり、3回4回ほどの治療でプレーに支障がなくなり治療を終了しました。

炎症が強く、一般的な治療では1ヶ月ほど安静にといわれるような状態でしたが当院でおこなう「神経筋無痛療法」という治療をおこなうことでずいぶんと早く改善することができました。

スポーツによるケガや痛みは安静にしていてもなかなか治らないものも多いです。それは安静にしているだけでは筋肉が元の状態に戻らないからです。

積極的な治療をおこない筋肉の回復を早めれば驚くほど早く痛みを改善することも可能です。

1日でも早く痛みを治したい選手は早めに当院にご相談ください。

 

「思うようにボールが投げられない…今では球速も上がりました」投球障害お悩みの高校生

村上晴紀君 10代 男性 京都市伏見区在住 職業:高校生

症状:野球で思うようにボールが投げられない

何が決め手で当院を受診されましたか?

ネットでみました。

 

どのような症状でお悩みでしたか?

自分の思うようにボールが投げられなくなったことです。(今までのように投げられない)

 

実際に受診されてみてどうでしたか?

通院するにつれて徐々に投げられるようになり、以前よりも球速が上ったりするなどプラスになる部分が多く、野球の知識なども増えました。

 

院長コメント

村上君コメントいただきありがとうございます。

来院当初は、今まで普通に投げられたのがボールが指に引っかかりすぎたり、逆に抜けてしまったりというお悩みでした。

これは野球ではよくある「イップス」といわれる状態です。

これは単に精神的な問題だと思われがちですが、多くの選手はフィジカルに問題があります。

村上君もその一人で、股関節の使い方や腕の降り方をトレーニングする中で以前よりも球速が上り、思うように投げられるようになりました。

今ではさらにレベルアップを目指して指導させていただいております。

投げられないのを単に気持ちの問題だというのは間違いです。

お困りの選手はぜひ当院にご相談ください。

2年前からの野球肩「確実に良い方向に向かっていくのが嬉しくて感動しました」

近藤哲也 様 20代 男性 京都市伏見区在住 職業:板前

症状:野球肩

何が決め手で当院を受診されましたか?

ウェブサイトを見て先生の「野球肩の治療」に対する絶対的な自身に魅力を感じました。

 

どのような症状でお悩みでしたか?

野球肩

 

実際に受診されてみてどうでしたか?

通院することでどんどん良くなっていくのが目に見えて治療の前の状態を忘れるくらいになりました。

派手な治療は無いのに確実に良い方向に向かっていくのが嬉しくて感動しました。

森先生に出会えたことでこれからも楽しく野球ができると思います。

 

 院長コメント

近藤哲也様ご感想いただきありがとうございました!

2年前から野球肩になっているということでご来院くださいました。

来院時はベース間でも痛い、1~2割くらいの強さでないと投げられない状態だったようです。

お仕事を頑張っている方にとって、好きなことを思いっきり楽しめないというのは本当に辛いものがありますね。

一般的に社会人の方の野球肩は、プレーをする頻度が少なく、学生に比べると治りにくいものです。

当院で治療を行いながら、自宅でも柔軟性の改善をおこなったり、フォームの改善を行うなどしてご自身でも努力していただきました。

そのおかげもあり、2年間まともに投げられなかったものがしっかりと投げられるようになりました(*^_^*)

近藤さんもとても喜んでくださり、お力になれて本当によかったです!

 

野球肩で思うようにプレーできないとお困りの方はぜひ当院にご相談くださいね。

 

「手術をするか、利き腕を変えるか」という状態の野球肘でも投げられるようになりました。

H.T君 高校生 男性 京都市左京区在住

症状:投球による肘の痛み(野球肘)

 

 

何が決め手で当院を受診されましたか?

父親のすすめで

 

どのような症状でお悩みでしたか?

野球肘

 

実際に受診されてみてどうでしたか?

野球についていろいろと聞けたこと

ケアの方法など治療の時だけではない指導

 

 院長コメント

H.T君ご感想いただきありがとうございました!

この選手は、小学生の頃に「離断性骨軟骨炎」という野球肘になられた経緯がありました。

その後、野球からは離れ違うスポーツをしていたのですが、高校に入り再度野球を始めたところ肘の痛みがすぐに出てきたようです。

病院では「手術が必要な状態」と診断を受けたようですが、何とか手術をしない方法はないかと反対の手でボールを投げる練習もしていたそうです。

 

初診時は腫れも強く、関節も全然動かない状態でしたが、治療を開始し2カ月頃からは痛みなく投げられるようになり、3か月目にはほとんど問題ない投げられるまで回復しました。

この選手は、そもそもの投げ方に問題があり「それでは肘を痛めても仕方ない」という状態でした。

治療と同時にフォームの改善を行ったこともとてもプラスになったのでしょう。

 

時には手術をする選択も必要かもしれませんが、その前になぜ野球肘や野球肩になったのかを考えなければ、また痛めてしまう可能性もありますし、パフォーマンスがもとに戻ることも難しいでしょうね。

野球肩や野球肘は早めに当院にご相談ください。

 

野球肩にお悩みの京都市上京区にお住いの大学生

佐伯洋輔 様 20代 男性 京都市上京区在住 学生

症状:野球肩

何が決め手で当院を受診されましたか?

ホームページを見て、野球肩に詳しい先生やというのを見て。

 

どのような症状でお悩みでしたか?

投球時の肩の痛み

 

実際に受診されてみてどうでしたか?

・とても深い知識をお持ちで治療について理論立てて説明していただけて安心できました。

・大変居心地のよい診療室でリラックスすることができました。

 

 院長コメント

佐伯洋輔様ご感想いただきありがとうございました!

野球肩にはいろいろな種類がありますが、こちらの患者さんの野球肩は私の診る中では最も多いタイプのものでした。

トップポジションからリリースにかけて「肩の後ろが痛い」というものです。

このタイプの野球肩なら痛みは強いことが多いですが、しっかりと治療を行えば比較的早期に改善します。

佐伯さんの肩の痛みも3~4回の治療でほとんど痛みなく投げられるようになりました。

今では全く痛みなく投げらているようですが、大学在学中は野球を続けるために定期的なケアをさせていただきます(^^)

 

 

「違う病院に行って投げるなと言われたけどここではすぐに投げられた」野球肩の小学生

N.K君 小学生 男性 京都市西京区在住 野球部

症状:野球肩

何が決め手で当院を受診されましたか?

インターネットでみて受診しました。

 

どのような症状でお悩みでしたか?

野球肩

 

実際に受診されてみてどうでしたか?

 

投げながらでも治った。

違う病院に行って投げるなと言われたけどここではすぐに投げられた。

 

 院長コメント

N.K君ご感想いただきありがとうございました!

NK君は1か月ほど肩の痛みがあり整形外科を受診して「骨には異常なし」との診断だったそうですが、1か月間は投げないようにと指導されたそうです。

その後すぐに当院に受診され、治療を受けることで1、2回の治療ですぐに投げても痛くない状態になりました。

本人もとても喜んでくれてよかったです!

 

野球肩はただ安静にしていても良くなるものではありません。

例え安静にして炎症が引いても、また投げ始めたら痛くなる可能性が高いです。

野球肩になってしまった根本的な原因から治療を行えば再発を防ぐこともでき、パフォーマンスも上がります。

野球肩になってしまったらきちんと原因から治療すると早く良くなりますよ(^_^)