ついついやりがちな外反母趾を悪化させるセルフケアとは

皆さんこんにちは。

 

京都市北区にあります、もり鍼灸整骨院院長の森です。

 

今回は【やってはいけない外反母趾のセルフケア】についてお伝えしていきます。

 

いくつか気をつけてほしいことはあるのですが、特にやめていただきたいことがあります。

 

それは足の指に物を挟むようなセルフケアです。

 

皆さんは足の指に物を挟むセルフケアのグッズを使ったことは無いでしょうか。

 

 

・足の指それぞれに挟むスポンジやシリコンの様な物

・足の親指と2番目の指の間に挟むような物

・足の親指をグググググっと引っ張るようなグッズ

 

 

 

 

こういった物はよく売られていると思います。

 

いろいろなタイプがありますが、正直その全てが良くないという風に考えて良いと思います。

 

ではなぜ良くないのか。理由は大きく分けて2つあります。

 

セルフケアグッズで外反母趾が悪化する理由

 

①開帳足の悪化

 

外反母趾というのは、開帳足が進行すればするほど悪化していくものです。

 

例えば足の指の間に物を挟むような感じにすると、指と指の間がグググッと広がります。

 

見た目は綺麗かもしれませんが、足の指を広げてしまうと、中足骨という骨の間も一緒に広がってしまいます。

 

そうすると中足骨頭という中足骨の上の部分の間にある靱帯も広がってどんどん緩んでいってしまうのです。

 

靭帯が緩めば緩むほど、足の横幅も広がっていきます。

 

本来、前足部には横のアーチがあるのですが、このアーチがどんどん潰れていった結果、いわゆる開帳足という状態になるのです。

 

そして足の横アーチが潰れて開帳足になればなるほど、親指というのは中の方に入ってくるという性質があるのです。

 

これが物を挟んで指を広げるようなセルフケアのグッズを使って欲しくない一つ目の理由です。

 

 

②親指を外に引っ張るほど外側の骨に負担がかかる

外反母趾の方は足の親指がこのように中の方に入っていますよね。

 

そうすると骨の間にスペースが生まれると思われるかもしれませんが、実際にはここにスペースは出来ていません。

 

実際はこのスペースは、骨や他の組織によって埋められているのです。

 

この部分を無理にグググッと引っ張っていくと、骨同士がごっつんこして潰れてしまうような刺激が与えられます。

 

そうすると、炎症を起こして痛みが出たり、骨同士が傷つくことで余計に分厚い骨になり(骨増殖)、結果として外反母趾の出っ張りを強固にしたりしてしまいます。

 

これが物を挟んで指を広げるようなセルフケアのグッズを使って欲しくない二つ目の理由です。

 

 

 

※補足

 

一点補足として申し上げますと、時間というのは重要になります。

 

例えば、最初に挙げたようなセルフケアのグッズでも、ストレッチの目的で指を少し刺激したり、広げるように数分程使う分には基本的には問題無いと思っています。

 

また、足の指に手の指を入れてグルグルと回すといったセルフケアも数分のものであれば基本的には問題ないと考えております。

 

また、足の指が重なるようになって指同士が当たって痛いという方の場合、そこにクッションを入れて緩衝材のように使っていただく分には痛みを和らげるメリットがあるので、問題ないかなと考えております。

 

ただし、多くの方にとってはメリットよりもデメリットの方が圧倒的に上回るので注意が必要です。

正しい外反母趾の対処法

 

正しく外反母趾の対処をするには、先ほどもお伝えした開帳足を改善していくようなケアというのが大事になります。

 

私の過去の動画でも、この開帳足や外反母趾を改善するためのセルフケアの動画をたくさん上げております。

 

より詳しいことや具体的なセルフケアの方法を知りたい方は、こちらもご覧ください↓

 

 

 

最後に

 

いかがでしたか?

 

今回は、やってはいけない外反母趾のセルフケアについてお伝えさせていただきました。

 

簡単にまとめると

 

指と指の間に物を挟むようなものや、親指をグググッと引っ張るようなグッズは使って欲しくない。

 

理由は①開帳足が助長されてしまうし、②親指の骨の変形も助長してしまう可能性があるからです。

 

ぜひ、正しい方向性で外反母趾の改善に取り組んでいただければと思います。

 


当院の外反母趾治療についてはこちら↓

(柔道整復師・鍼灸師 森洋人 監修)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です