京都で腰痛にお悩みの方へ

当院は自費治療専門院ですので保険治療では腰痛がなかなか治らないような腰痛の患者さまもご来院くださいます。
ある60代女性の患者さまは病院で「ヘルニア、脊柱管狭窄症」と診断され「手術しかない」と言われ、今後の生活に絶望感を抱いたとお話しくださいました。
それでも手術はしたくないので様々な治療院に通い、騙し騙し過ごしていたそうです。
その方に「今までどのような治療や対処をされてきたのか?」と質問すると、間違った治療や対処をされており、逆効果になるようなこともされていました。
当院で治療をおこなったところ、腰痛も改善し10年以上できなかった前屈もできるようになり「家族に迷惑をかけることもなくなりました!」と喜んでいただけました。
img_cure01

現在様々な腰痛の方を診させていただいておりますが、なかなか治らない腰痛をお持ちの方はある共通点をお持ちです。

それは「必要な治療や対処法がおこなえていない」ということです。

必要な治療や対処というのは腰痛の根本的な原因を探し出し、根本的な原因に対する治療や対処をおこなうことです。
「腰痛は良くならない」とあきらめる必要はありません。

腰痛の原因を知り、根本から改善すれば「なかなか治らない」「どこに行ってもよくならない」そんな腰痛でもきっと良くなります。
腰痛の原因や当院での治療について詳しくご紹介しますので腰痛でお悩みの方のご参考になれば幸いです。

腰痛の原因を間違えていませんか?

腰痛がなかなか良くならない方は腰痛の原因を間違えている可能性があります。
腰痛の原因がヘルニアや脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)であれば手術をして神経の通り道を広げる、腰痛の原因が神経であれば神経をブロックする注射をすれば腰痛はよくなるはずです。
ところがこのような治療をおこなっても腰痛が良くならないという方がたくさんいらっしゃいます。

ヘルニアや骨の変形は腰痛の原因ではない

レントゲンやMRIなどの画像検査を用いても85%の腰痛の原因は不明とされています。これは画像検査では神経や骨、軟骨の状態しか判断できないからです。
「ヘルニアや骨の変形が、腰痛がある人にも腰痛がない人にも等しく存在する」という研究から「ヘルニアや骨の変形が腰痛の原因とは言えない」ということが分かっています。
これは国際腰痛学会の最高峰の賞を受賞した発表によるものです。

間違った腰痛の治療や常識

最新の腰痛研究により「今まで常識とされてきた治療法や対処法が間違だった」ということがたくさんわかってきました。

牽引や電気治療(干渉波、低周波など)は効果がない

整形外科や整骨院に行くと腰痛に対して牽引や電気治療をおこなうことがあるのですが、これらの治療に効果がないことは様々な研究で明らかにされています。

詳しくはこちら ⇒ 院長ブログ[腰痛に対する電気治療、牽引治療の実際。]の記事をご覧ください >>

安静は腰痛を長引かせます

「腰痛は安静に」というのが今までの常識でしたが、過度の安静はかえって腰痛を長引かせます。ぎっくり腰(急性腰痛)は安静にするのではなく可能な限り普段通りの生活を送る方が早くよくなるとが明らかになっています。

その場しのぎのマッサージ

整骨院や整体で腰をマッサージしてもらうとその時は気持ちよくスッキリすることもあるでしょう。しかし「腰痛をしっかり治療したい」という方にとっては逆効果です。
実は長時間のマッサージや強いマッサージというのは筋肉を余計に硬くします。筋肉は過剰な刺激を受けるとそれを体への攻撃と認識し、筋肉をさらに固め刺激から体を守ろうとします。これはある種の防御反応です。
筋肉が固まると体はさらに強い刺激を求めるという悪循環に陥ってしまい腰痛が治りにくくなるのです。

腰痛の原因は筋肉にあります

実際に腰痛の痛みを引き起こす犯人はそのほとんどが「筋肉」にあります。
ヘルニアや骨の変形が腰痛の原因ではないこと、筋肉の状態がわからない画像検査では85%の腰痛の原因が不明であることからも筋肉に原因があると考えられます。

しかし筋肉を治療すればそれですべての問題が解決できるわけではありません。筋肉を治療しても、筋肉が硬くなる原因を改善しなければ根本的な解決にはならないからです。

腰痛を引き起こす5つのポイント

姿勢の崩れや体の歪み、血行不良などが起こると筋肉が硬くなります。次のポイントに当てはまる方は姿勢の崩れや体の歪み、血行不良を起こしやすいので当てはまることはないかチェックしてみてください。

1.長時間座っている

長時間座っていると骨盤や股関節の動きが硬くなります。骨盤や股関節が硬くなると腰に負担がかかりやすくなるので腰痛を引き起こしてしまいます。

2.立ち方や座り方

例えば片方の足に体重をのせて立っている、椅子に浅く座り腰が曲がっている、足を組んで座る、横座りをする、このような立ち方や座り方をしていると筋肉のバランスが崩れ、一部の筋肉だけに負担が集中し腰痛を引き起こします。

3.日常生活で体の使い方や癖

例えばお仕事で同じ方向ばかりに体を捻る、中腰で仕事をしている、バッグを同じ側でしか持たない、このような日常生活での体の使い方や癖も、体の歪みを引き起こし腰痛の原因になります。

4.内臓からの影響

意外かもしれませんが内臓の不調も腰痛の原因になります。飲暴食がきっかけで腰痛やぎっくり腰を発症される方もいます。
「内臓体性反射(ないぞうたいせいはんしゃ)」という体の反応により内臓の不調が筋肉に現れることが原因です。

5.血流障害

冷え性や、疲労、睡眠不足、ストレスなどにより自律神経のバランスが悪くなると筋肉の血流が減少し腰痛の原因になることがあります。
ストレスは血流だけでなく脳にも影響を及ぼし腰痛を慢性化させてしまう原因になります。

このように腰痛を引き起こしてしまう要因はたくさんあります。腰痛はそれぞれの原因に対してアプローチしなければなかなか改善しません。

腰痛治療の3つのポイント

当院では「痛みを感じている筋肉(局所)」「体の歪み(全身)」「日常生活指導」この3のポイントを抑えることでより確実に、より早く腰痛を改善します。

1.痛みを感じている筋肉の治療

一度こり固まった筋肉は体の歪みを治しても、いくら日常生活に気をつけても簡単には緩みません。硬くなった筋肉を確実に緩めていく治療が必要です。
当院では固まってしまった筋肉に対してはトリガーポイント治療をおこなっています。
硬くなった筋肉の中にはトリガーポイントという筋肉の「しこり」のようなものができます。この「しこり」が痛みの発生源ですので指圧や鍼でこのトリガーポイントを緩めていきます。詳しくはこちら→『トリガーポイント治療』

腰痛の鍼治療

2.体の歪み(全身)に対する治療

例えば足首の硬さや、首の歪みが腰痛の原因になることもあります。
足首が硬くなれば骨盤の動きも悪くなり腰に負担が集中します。首と腰は連動して動きますので首が硬くなれば結果的に腰に負担がかかります。
体は一つのつながりの中にありすべてが連動して動きます。そのためいくら腰の筋肉を緩める治療をしても身体の連動がうまくいかないと根本的に良くなることはありません。
体の歪みやバランスを改善し、身体の連動をスムーズにすることが腰痛の根本治療です。
詳しくはこちら→『整体治療について』
腰痛の整体治療

3.日常生活指導

いくら筋肉や体の歪みを治しても、身体の使い方や癖の問題を改善しなければなかなか腰痛はよくなりません。例えよくなったとしてもすぐに再発する恐れがあります。
腰痛の治療は患者さまのご協力が欠かせません。「自分は何もしないから何とかしてくれ」という考えでは辛い腰痛に立ち向かうことはできないのです。
日常生活指導

当院では患者さまのライフスタイルに合わせて出来る範囲の簡単な指導のみおこないます。二人三脚で治療に取り組むのが当院の腰痛治療です。

腰痛にお悩みだった患者さんの声

整体や鍼灸治療、そして患者さまのご協力により腰痛に悩むたくさんの患者さまのお力になることができました。

「一度目の受診で身体が柔らかくなり、薬もほとんど飲まなくなり、家族に迷惑をかけることもなくなりました」

京都市北区にお住まい 60代女性
症状:長年の腰痛(ヘルニア、脊柱管狭窄症)
腰痛 患者さんの声1

「治療していただく度にすごく体が楽になっていくのを本当に実感しています。今は背中、腰の痛みが無くなり嬉しいです」

京都市中京区にお住まい 50代女性(会社員)
症状:慢性的な腰痛、背中の痛み、坐骨神経痛など
腰痛 患者さんの声2

「丁寧な説明で不安が無くなりました。痛みがとても軽減されて日常生活で大変助かっています」

京都市上京区にお住まい 40代男性(会社員)
症状:慢性的な腰痛、背中の痛み
腰痛 患者さんの声3

「今までヘルニアが原因と言われ今ひとつ納得できなかった。先生の説明はわかりやすく不調の原因がわかってきました」

京都市右京区にお住まい 50代女性(会社員)
症状:腰痛、膝の痛み、坐骨神経痛など
腰痛 患者さんの声4

腰痛をあきらめる前に

どこに行っても同じだろう、腰痛は治らないとあきらめている方が多くいらっしゃいます。このような方はもう一度よく考えてみましょう。

  • 牽引や電気をあてるだけの治療をしていませんか?
  • ただただマッサージを受けていませんか?
  • 腰だけを触る整体や、鍼灸を受けていませんか?
  • 日常生活での体の使い方や癖に問題はありませんか?

もしもあてはまるという方は腰痛が良くなる可能性が十分にあるこということです。腰痛は正しい知識を持ち、原因を理解し、正しい治療をおこなえば改善できるものです。

あなたが癒しだけの治療やその時だけ楽になれば良いと思われるのではく、辛い腰痛をなんとか良くしたい、真面目に治療していきたいと思われるのでしたらきっとお役に立てるでしょう。京都で腰痛にお悩みでしたらぜひ当院にお越しください。