O脚矯正について

当院で「治りにくいO脚」が改善する理由

O脚矯正を専門におこなっているという整体院では、「女性限定」や「40歳以下」など性別や年齢を限定しているところをよくみかけます。

では、一体なぜO脚専門の整体院は女性や若い方だけを対象としているのでしょうか?

img_okyaku02

なぜ男性や40歳以上の方は治療を断られるのか?

実は、男性や40歳以上の方のO脚は改善が難しいとされています。
男性は筋肉が発達していて骨格が動きにくいという理由から、40歳以上では骨の変形が進み始めるので治りにくいO脚といわれています。
逆に言うと、女性でかつ若い方は比較的O脚が改善しやすいということです。
多くのO脚専門の整体院は改善しやすい患者さんだけを受け入れているのが現状のようです。

専門家であるからこそ患者さんを見捨てない

改善の余地が全くないものに関しては「治らない」とお伝えするのも専門家の仕事です。
しかし難しいO脚を改善できるからこそ「専門家である」と私は考えています。
実際にO脚専門院で治らないと判断された男性の方や、40歳以上の方でも当院のO脚矯正を受けられて改善しています。

img_okyaku01

京都市伏見区にお住まいの50代男性

img_okyaku03

この方は年齢さらには男性であることを考えると受け入れてくれる治療院はあまりないかと思います。
1週間に1回、2カ月間の施術でこのような改善がみられました。

京都市北区にお住いの20代男性

「ずっと治らないと思っていたので驚きました!」
img_okyaku04
okyaku_voice01

この方は治療を断られた経験があるそうです。3回の施術でこのような改善がみられました。

京都市左京区にお住いの20代男性

「毎回改善を実感しながら通えました!」
img_okyaku07
okyaku_voice02

この方もO脚専門の治療院で「女性限定なので」と治療を断られたそうです。1週間に1回、2カ月間の治療後はひざが付くようになりました。

京都市上京区にお住いの20代女性

「歩き方が良くなり姿勢も良くなった!」
img_okyaku08
okyaku_voice03

女性は数回の治療でもこのような改善がみられることがあります。
このように改善が難しいと思われるO脚や、実際に治療を断られたO脚でも当院の施術で改善することはできます。

当院だからできるオリジナルO脚矯正

意外かもしれませんがО脚の原因は「ひざ」にはありません。
実は、足や股関節、骨盤などのねじれや、姿勢のアンバランスにO脚の原因があります。
O脚を改善するためには様々な視点から身体をトータルに診なければならず、それを可能にするのが当院の治療技術です。

フットケアトレーナー

フットケアトレーナーは足から体を治す専門家です。
足は体の土台ですので足のゆがみを整えることで姿勢やO脚を改善します。
img_okyaku09

コアコンディショニングトレーナー

姿勢や身体のバランスを改善する専門家です。
「コア」といわれる体の深い筋肉を刺激することで姿勢や骨盤にアプローチします。
img_okyaku10

国家資格

骨格の専門家として国から認められた「柔道整復師国家資格」。
骨や関節の構造を熟知しています。
img_okyaku11

このようにたくさんの知識・技術を持つことで様々な視点からO脚にアプローチすることが可能になります。これこそ当院にしかできないオリジナルO脚矯正なのです。
改善が難しいといわれる男性や、40歳以上の方のO脚を改善できる理由はここにあります。

O脚の原因とは?

O脚を改善するためにまずはその原因を理解しましょう。
O脚の原因がひざにはなく、足や股関節、骨盤などのねじれや、姿勢のアンバランスに原因があることは先ほど説明いたしました。
では、一体なぜそのようなねじれや姿勢のアンバランスが生まれるのでしょうか?
以下に当てはまる方は注意が必要です。
img_okyaku12
  • 足を組む
  • 横座りをする
  • 前かがみでのデスクワーク
  • 椅子にもたれかかって浅く座る
  • 立つとどちらかの足に体重をのせる癖がある
  • ぺたんこの靴を履いている
  • サンダルやスリッパをよく履く

これらは全て足や股関節、骨盤のねじれや姿勢のアンバランスを作りO脚の原因となります。
このようにO脚の原因というのは、体の癖や使い方など日常生活に潜んでいるのです。遺伝的にO脚になりやすい人もいるのですが、これらの癖や体の使い方は確実にO脚を悪化させてしまいます。
もしも思い当たることがあれば改善してみましょう。

治りやすいО脚、治りにくいO脚

冒頭で男性のО脚は治りにくいという話をしましたが「男性」という要因以外にも治りにくО脚はあります。
「治りやすいO脚」と「治りにくいO脚」について詳しくみてみましょう。

治りやすいO脚

「機能性O脚」といって日常生活での癖(くせ)や間違った体の使い方によりO脚になってしまうものは比較的改善しやすいです。
原因としては骨が変形しているのではなく、筋肉や靭帯が固くなり、関節がねじれていることがほとんど。
この場合は筋肉の硬さを取り除き、ねじれてしまった関節を矯正治療やエクササイズにより改善することが可能です。

治りにくいO脚

「構造性O脚」といわれ生まれつき骨が曲がっているもの、成長に伴い骨が変形してしまったものをいいます。
この場合骨自体が変形していますのでなかなか改善が難しいものです。それでも矯正やエクササイズを行うことである程度の改善は見られますが「機能性O脚」ほどではありません。

当院の治療の方針

初めてご来院の方はしっかり検査をさせていただき、あなたのO脚はどのようなものかきちんと判断させていただきます。
私は医療人として「何でもかんでも治ります!」と嘘はいいませんし、強引に治療をすすめることも一切ありませんのでご安心ください。
自分はどういうO脚なんだろう?と疑問に思われる方はぜひ一度ご相談ください。

治療にはみなさまの協力が必要です

当院のO脚矯正は、手技に加え、エクササイズと日常生活での姿勢動作の改善指導を行います。この全てが揃って初めて確かな効果が現れます。
長い時間をかけて崩れたバランスは、簡単には治りません。より良い治療効果を出すためには、ご自身で行うエクササイズや、姿勢動作の改善が必要になります。
毎日続けていただけるよう、エクササイズはより簡単に、日常生活で気をつけていただく動作なども、1つか、2つに絞って指導させていただきます。
img_okyaku13

治療の目安

通院回数ですが、目安は一週間に一回。2~4ヶ月ほど行います。姿勢は良くなっても定着しなければ意味がありません。もちろん個人差がありますので、早く良くなる場合もあれば、時間のかかる方もいらっしゃいます。1人1人に合わせて、回数や来院間隔をご提案させていただきます。
女性でも男性でもO脚でお悩みの方はぜひ一度当院にご相談ください。