足の冷え、冷え性を改善するストレッチとツボのマッサージ

皆さんこんにちは!
もり鍼灸整骨院 院長の森です。

皆様の健康のお役に立つ情報をお伝えする もり健康体操教室

今回のテーマは足の冷えを改善するストレッチです。

冷え性で悩んでいる!
足先が冷えてつらい!!
足がだるくてつらい!!!

そんなお悩みを3分ほどでできる簡単ストレッチで吹き飛ばしませんか??

足の冷えの原因とは?

足の筋肉をうまく使えていない

足の筋肉は使ってますよ?普段歩いているし、運動もしているし、、、と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

実は、足の冷えを改善するために必要な筋肉は、くるぶしより下についています。

具体的に言うと、内在筋という筋肉です。

ここで前のブログやYouTubeを見てくださった方はお気づきかもしれませんが、手の冷えと同じです。

手の内在筋は手の指の間の筋肉でしたが、足の内在筋は足の指と指の間にあります。

足の内在筋は、靴やスリッパをはいているとなかなか使わなくなってしまう筋肉です。

外反母趾や浮き指、偏平足など足のトラブルでお悩みの方の多くはこの内在筋をうまく使えていないんです。

足が冷える方は家の中でスリッパをはく機会も多く、それが余計に足の冷えに繋がってしまいます。

じゃあどうすればいいの??

そこで、冷え改善に必要な内在筋のストレッチをご紹介します。

足の冷えを改善する3つのストレッチ

 

ストレッチ1:指先を動かして冷え撃退

まず両足を伸ばして座ります。


後ろに手をついて、少しもたれるような姿勢になっても大丈夫です。

足首を伸ばし、指先は地面に引っ張るように伸ばします。

この状態がスタートポジションです。力は抜いておいてください。

スタートポジションから両足の指を何かを掴むようにギュ

ッと動かします。

この状態を約15秒キープします。

注意点は、足首が上にあがらない、ひざは曲がらないです。

内在筋を普段使っていない方はこの動作だけで足がつってしまうかもしれません。

無理のない範囲で、秒数を短くするなどご自分に合ったストレッチをしてください!

これを3~4回繰り返します。すると足の周りがじんわり温かくなってきます。

ストレッチ2:足の指のツボを刺激して血流をよくするマッサージ

足の指と指の間に手の指を入れます。

足の指と指の間にはツボがありますので、そこを手の指で刺激しながら足の指は握る、離す、グー・パーを繰り返します。


足の指を動かしているのは内在筋ですし、ツボも刺激しているので更に足は温まりやすいです。

これを両足15秒ずつ行います。

ストレッチ3:足の指のツボを刺激するマッサージ

片方の足をもう片方の伸ばしている方の足にひっかけます。

足の指と指の間に足の裏側から手の指を入れツボをギュ
ッと刺激しながら軽く回します。

足首のストレッチと間違えないように注意してくださいね。

両足何回か回してみて下さい。

まとめ

トータル3分くらいでOKです!

足の血液の循環がよくなり、じんわり温かくなるのを感じられると思います。

ほんとに効果あるの?って思われる方は、片脚だけストレッチをしてみてやってない方の足と比較するのもいいかもしれませんね!

是非、冷え性でお悩みの方は試してみて下さい。

手も足も冷えで悩んでいるという方がいらっしゃいましたら手の冷えのこともこのブログや動画で説明しているので、併せてご覧になってください。
手の冷え改善動画
動画では更にわかりやすく説明していますので、ぜひこちらも参考になさってください!

ご質問やお問い合わせはLINEでも承っております。

 

お悩みの方はぜひご相談ください。

 

(柔道整復師・鍼灸師 森洋人 監修)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。