院長プロフィール

院長 森 洋人もりひろと

鹿児島県沖永良部島の出身です

院長 森洋人

私は鹿児島県の小さな離島に生まれました。実家は農業や畜産をしていて、幼少期は遊びよりも家の手伝いが優先という毎日を過ごし、小学校3年生の頃に父にグローブを買ってもらったのをきっかけに野球を始めました。

それからは野球をするのが一番の楽しみで、そんな私を家族も応援してくれ、試合に勝つたびに喜んでくれる家族の期待に応えたいと、人一倍練習に取り組むようになりました。中学校では地区大会で優勝し、エースとして県大会に出場しました。しかし県大会では思うような成績を残すことができずに敗退してしまいました。

甲子園常連校の樟南高校へ

それからもっと練習したい、技術を磨きたいと思いましたが、地元の島にはバッティングセンターもなければ、アドバイスをくれるコーチがいるわけでもありません。そこで私は自分なりに練習を考えたり、トレーニングの勉強をしたりしながら野球に励みました。しかし、島ではこれ以上野球に打ち込める環境がないということと、甲子園に出たいという夢があったので、高校は鹿児島本土にある樟南高校に進学することにしました。

厳しい寮生活

高校時代1

高校ではほんとうに苦労の毎日でした。
慣れない寮生活、厳しい上下関係、きつい練習、特に1年生の頃は毎日が逃げ出したいくらい辛かったです。
しかし自分が好きで選んだ道、そこで好きな野球ができているということと、応援してくれている家族のことを考えると辛くても頑張ることができました。(写真:左から2番目が私です)

人生を変えた肩のケガ

そんなある日、ボールを投げると肩に痛みが走りました。痛みは日に日に強くなり、次第に声をあげたくなるほどの激痛に襲われるように。

整骨院や鍼灸マッサージなどの治療にも行きましたが痛みが良くなることはなく、痛みの原因も、どうすれば良くなるのかもわからない状況で毎日暗闇の中にいるような気分でした。(写真:一番左が私です)

高校時代2

念願の甲子園に出場!しかし…

甲子園出場

3年生最後の夏、選手から外されたくない一心で我慢しながら練習を続け、念願であった甲子園に出場することができ、子供の頃からの夢が叶いました。

しかし、肩の痛みを我慢しながら練習していたせいで肩はどうしようもないくらいに悪化。今後肩が良くなるという保証もなく、野球を続けるか相当悩みました。

甲子園出場2

当たり前にできていたことができなくなることや、好きなことを続けられなくなるということがこんなにも辛いということを初めて知りました。

その頃から「なんで自分は肩を痛めたんだろう」「もっとよくする方法はなかったのかな?」と考えるようになり、そして「自分と同じ思いをしている選手を助けたい」という思いが芽生え、野球の道は断念し、治療家の道を志すことに決めました。

「野球バカ」だったから…

専門学校は京都に進学。志を持って入学したつもりが、野球バカで勉強ができない私は学校の授業についていくことができず、次第に学業はおろそかになっていきました。

そんな中、専門学校の野球部で野球を再開することになりました。しばらくボールを投げていなかったので以前よりも肩の痛みはマシになっていました。しかし試合や練習を重ねるうちにまた痛みが再発し、痛み止めの注射を打ちながら試合に出ていました。

治療の勉強をしているはずなのに何もできない自分が本当に不甲斐なく、そして「このままではダメだ」と思い、それからは必死に勉強に取り組むようになりました。勉強に取り組んでいると、体の仕組みを学ぶ面白さや、治療ができる楽しさがわかるようになってきて、どんどん勉強が好きになりました。

仕事と学業の両立

3年間で無事に鍼灸師の国家資格を取得し、アルバイト先の整骨院で就職することに。同時にもっと勉強がしたいと思い、柔道整復師の国家資格を取得するため、もう3年間学校に通うことにしました。

この3年間は仕事と学業の二足のわらじ。朝と晩に仕事をして、昼間に学校に行くという毎日。深夜と休みの日にも足りない勉強時間を補っていたので、本当に休みなしの生活でした。ただその甲斐もあり、成績は常にトップで、主席で専門学校を卒業することができました。

学業はトップでも…

しかし学校の勉強ができても、それがそのまま仕事で活かせる訳ではありません。就職先の院長は大阪でも有名な整形外科に勤務していた経験があり、ケガや病気の知識、治療に精通していました。

そこでは学校での勉強はほとんど通用せず、勤務当初はこれから身につけなければならない知識の量の膨大さに、何から手をつけたらよいかもわからないくらいの状態でした。また治療というのは教科書通りにいくものではなく、治療の技術が通用しないこともありました。

無知を知って一から修行

治療院では毎週の勉強会があり昼休みは手技の練習。大阪や東京など全国で行われるセミナーや勉強会にも積極的に参加し、治療の技術や知識を身につけていきました。次第に患者さんもどんどん治せるようになり、高校生の頃に思い描いていた自分に近ずけているような気がしていました。

夢を断たれた高校球児との出会い

そんなある日、甲子園出場を決めたプロ注目の高校球児と出会いました。
長らく肩の痛みで投げられていないとのことでしたが、話を聞くとこれまで電気やマッサージをしたり、痛み止めの注射を打つだけで、本当に必要な治療は行われていませんでした。結局甲子園では活躍することができず、プロの道にも繋がらなかったようです。

多くの病院や整骨院ではスポーツの専門的な治療や指導を行うことができず、治る可能性があるのに、夢をあきらめる選手がいる現実を目の当たりにしました。

本当に必要な治療を提供するために開業

もり鍼灸整骨院開業

「必要な治療が行えていない」という背景には「保険治療の問題」があります。保険治療というのは「日常生活を送れるようになるまで」をサポートする仕組みなので、どうしてもその治療は必要最低限のものに限られてしまうのです。

しかし、慢性的な痛みやスポーツ選手の特殊なケガは、さらに高度な治療技術や運動指導などが必要になります。

そのためには保険治療にとらわれず、患者さんにとって最高の治療を提供する専門の治療院を作る必要があると思い、私は開業することを決意しました。

開業してこれまで多くの方にお越しいただき、現在は他府県からも患者さんがお越しくださっています。「無事に競技に復帰できました」「諦めていた旅行ができました」「また登山ができるようになりました」など、自分と同じように痛みに悩む選手や、好きなことを諦めていた患者さんから、たくさんのお喜びの声もいただけるようになりました。

しかし、痛みのためにスポーツができない選手や、長年痛みを患っている患者さんのご来院はあとを絶たず、まだまだ必要な治療や対処を知らずに困っている人はたくさんいます。

京都だけでなく全国の困っている人のために

そこで私は、正しい知識、必要な治療や対処を知ってもらうために、地域で健康教室や講座を開催したり、ブログや動画を通して日本全国の方に情報を発信したりする活動を始めました。

全国の困っている人のために1
全国の困っている人のために2

また自身の野球経験と、ケガの経験から学び続けてきた野球のピッチング理論を、野球教室や動画で伝える活動もおこなっています。

今では、当院のブログや動画を見た全国の方からメールやSNSで日々感謝のお言葉をいただき、このような活動をして本当に良かったと実感しています。

ここ京都にも、また全国各地にも困っている方はまだまだたくさんいらっしゃるはずです。

これからも治療や情報発信を通して、みなさまが「好きなことを続けられるように」「痛みを諦めないでよいように」全力でサポートしていきたいと思います。

院長 森洋人

もり鍼灸整骨院 院長 森 洋人

(柔道整復師・鍼灸師 森洋人 監修)