脊柱管狭窄症の治療

腰痛の患者さん、とりわけ60歳以上に多いのが脊柱管狭窄症です。
病院で診察を受けると加齢によるものだから治らない、手術しか治す方法はないと医師に言われ、手術しなければこの先歩けなくなるのではないかと不安に思われる方も少なくないのではないでしょうか?
もしも不安だという方はぜひこのページを最後までご覧ください。きっとみなさまのお役に立てると思います。

img_scs01

脊柱管狭窄症とは?

  • 歩いていると足がしびれ痛くなって来て歩けなくなる
  • 自転車にはいくらでも乗れるが歩くと足が痛くて歩けなくなる
  • 腰を反るような動作をとると足がしびれてくる
  • 腰痛よりも足のしびれや痛みがつらい
img_scs02

このような症状をお持ちの方はもしかしたら脊柱管狭窄症かもしれません。
脊柱管狭窄症とは、老化による背骨の変形で神経の通り道(脊柱管)が狭くなり神経が圧迫されて、足のしびれや痛みなどの症状を出すものです。
主な症状に「間欠性跛行(かんけつせいはこう)」というものがあります。これはしばらく歩いていると足がしびれ痛くなり歩けなくなるが、少しだけ休憩するとまた歩けるようになるというものです。

脊柱管狭窄症の一般的な治療

病院で行われる一般的な治療は保存療法です。保存療法とは手術以外の方法のこといいます。なぜすぐに手術を行わないかというと、脊柱管狭窄症の症状は自然に改善するケースがあるからです。よほど悪くない限りは手術になることはありません。

手術が必要な場合

稀ではありますが、早期の手術が必要な場合もあります。

  1. 進行性の麻痺(筋力低下)がある場合
  2. 膀胱直腸障害がある場合
  3. 痛みのために日常生活がままならない場合

膀胱直腸障害といって排泄ができなくなったり、進行性の麻痺(筋力低下)、痛みのために歩行などの日常生活がままならない場合などは手術の対象となります。

脊柱管狭窄症の手術

脊柱管狭窄症の手術の方法は主に2種類あります。
1つは「切除術」といって神経の通り道を広げてあげる方法です。
もう1つは「固定術」といって背骨を固定することで神経が圧迫を受けないようにするものです。
これらの手術を行うと、術後1年間は良好であると様々な研究や論文で証明されています。
一方、残念なことに再手術のリスクが20~30%もあり、手術してから5年ほど経過すると手術をしなかった人と比べて症状に差がないこともわかっています。
このことから手術の選択は医師と十分に話し合い慎重に決断しなければなりません。

効果の無い治療

電気治療や、牽引治療は脊柱管狭窄症に対してよく行われている治療ですが、残念ながら様々な研究でこれらの治療に効果がないことが証明されています。

くわしくは、院長ブログ[腰痛に対する電気治療、牽引治療の実際。]の記事をご覧ください >>

腰のマッサージにも注意が必要です。腰に対する過剰な圧迫は神経を刺激して症状を悪化させる恐れもありますので、ご自分の判断でマッサージを受けられることはお勧めできません。

当院の脊柱管狭窄症の治療

脊柱管狭窄症の治療のポイントは「姿勢」と「血流」です。
骨の変形が原因だからなすすべがないのでは?と思われがちですが、決してそんなことはありません。その証拠に、骨の変形が高度で神経の通り道が狭くなっていても脊柱管狭窄症の症状が出ていない方は大勢います。

脊柱管狭窄症の主な症状である間欠性跛行は姿勢の影響を受けます。
実際に症状をお持ちの方はわかると思いますが、前かがみ(前屈)の姿勢や座るといった姿勢をとると足の痛みやしびれは軽快します。
これは前かがみ(前屈)姿勢により脊柱管内の血行が良くなるからです。つまり脊柱管内の血流が良くなるように治療していけば、たとえ骨の変形があったとしても症状は改善できるのです。

ポイント① 反り腰の改善

脊柱管内の血流を悪くする原因の一つが反り腰です。反り腰になることで背骨の後ろ側(神経の通り道)が圧迫を受けやすく、歩くことでさらに負担がかかり症状を悪化させます。
前かがみになることで症状が楽になるのは、反り腰が一時的に改善され血流が良くなるからです。
肥満体型の方や、腰椎すべり症をお持ちの方は反り腰になりやすいので注意が必要です。
当院の整体治療ではこの反り腰を改善し、神経の負担を軽減することができます。

img_scs03

ポイント② 股関節の柔軟性

股関節周りが柔軟な方は腰への負担も少なくなります。
特に股関節の前の筋肉が硬くなると反り腰が助長され、血行を悪くしてしまいます。
当院の整体治療で股関節を柔軟すること、腰への負担を軽減し血流を改善することができます。

img_scs04

ポイント③ トリガーポイント治療

足のしびれや痛みの原因は神経とは限りません。お尻や足の筋肉の中にできるトリガーポイントといわれる硬結(しこりのようなもの)が原因になっていることもあります。
私の経験上、脊柱管狭窄症と診断された方の中にもこのトリガーポイントが原因で痛みやしびれを感じている方がたくさんいらっしゃいます。

img_scs05

トリガーポイントについては「トリガーポイント治療」のページをご覧ください >>

当院の腰痛治療

img_scs06

腰痛だけでなく、足のしびれや痛みの原因にもなっているトリガーポイントを解消するために、当院では「全身の治療」と「局所の治療」をおこないます。
全身の治療とは、筋肉や靭帯に負担をかけている姿勢や身体のバランスを改善するための整体治療です。

局所の治療とはトリガーポイントに対して鍼治療や指圧をおこなうことです。鍼や指圧で適度な刺激を与えることでトリガーポイントは緩みます。
この全身治療と局所治療を組み合わせることで、より確実に腰痛を改善していきます。

img_scs07

詳しい治療法はこちらのページをご覧ください

『腰痛のための整体治療』についてはこちら >>
『腰痛のための鍼灸治療』についてはこちら >>

手術と言われてもあきらめたくない方へ

もしなるべく手術は受けたくないという方は、手術を受ける前にできるだけのことをしてみませんか?
即手術という状態でない限り、出来ることはたくさんあります。
当院ではみなさま1人1人のお体としっかり向き合い、治療はもちろんのこと日常生活での注意点やストレッチ、体操など、みなさまの症状改善のために考えられる全てのことをサポートさせていただきます。
あきらめる前にぜひ一緒に治療していきませんか?