モートン病の治療

あなたはこのような足の症状でお悩みではありませんか?

  • 中指や薬指に痛みやしびれがある
  • 足の裏や指がピリピリ、ビリビリする
  • 歩いたり走ったりすると足指が痛くなる
  • 座っているだけでも足裏や足指に違和感がある
  • ヒールやパンプスを履くと足指がしびれる
院長 森洋人

みなさんこんにちは。
京都市北区 もり鍼灸整骨院 院長の森洋人です。私はこれまで京都市で8万人ほどの患者さんを診させていただき、特に足の治療は修行時代から専門的におこなっております。その中にはこのような症状にお悩みの方も少なくありません。これらは「モートン病」という病気の症状です。

病院で診断されて初めて知ったという方もいれば、原因がわからずにご自身で調べられてモートン病を知ったという方もいらっしゃるでしょう。

病院で診断されて初めて知ったという方もいれば、原因がわからずにご自身で調べられてモートン病を知ったという方もいらっしゃるでしょう。あまり聞きなれない病気かもしれませんが、実はこのモートン病にお悩みの方は多く、数ヶ月以上たっても良くならない長引く症状にお困りの方も多くいらっしゃいます。

モートン病は足指のしびれや痛みを伴うのでとても不快感があり、痛みのために日常生活に支障をきたされている方もいます。また、しびれや痛みがなかなか治らないために「この痛みはいつまで続くのだろうか…」「これ以上良くならないのかな…」と不安に思われている方もいらっしゃいます。

病院で注射をしたりインソールを作ったりしても良くならない、整骨院や整体でテーピングやマッサージをするとその時は楽になるけどまたすぐに痛くなる、そのような経験をすると不安になるのも仕方がないと思います。

実は、注射やインソール、テーピングやマッサージをしてもモートン病が良くならないのは、その「原因」が改善できていないからです。

「10年以上続く足の痛み」「手術が必要」と言われた足のトラブルにお悩みの患者さんでも、原因に対する正しい治療をおこなうことで良くなられている方はたくさんいます。

モートン病の原因に対して、正しい治療を行うことができればきっとあなたのその痛みも良くなります。モートン病の原因や、当院でおこなう治療についてお話しいたしますので、京都市で足指のしびれや痛みにお悩みの方はぜひ最後までお読み下さい。

モートン病でお悩みの方へ

モートン病とは?

モートン病とは

足にはたくさんの神経が走っています。この神経は筋肉や骨で出来たトンネルの中を通り、指先まで伸びています。

その神経が圧迫を受けたり刺激を受けることで神経が腫れて、指先にしびれや痛みを引き起こすものをモートン病と言います。特に、3番目と4番目の指の間の神経が腫れやすく、多くの方は中指や薬指に症状が出ます。

一般的なモートン病の治療

病院でおこなわれる治療としては、痛みを和らげるための痛み止めや、神経の回復を助けるお薬、神経の炎症を抑える注射などが一般的です。
整形外科ではマッサージをしたり、インソールを作成することもあります。

ただ、このような治療をおこなってもすぐに痛みがなくなるのではなく、改善には数カ月から数年の歳月がかかる人もいますし、なかなかな治らない場合は手術になる可能性もあります。

モートン病の原因

一般的にモートン病の原因は、神経に圧迫や刺激が加わることが原因とされています。
そのために、神経の負担を軽減させるためのインソールやテーピングがおこなわれるわけです。
しかし、そのような治療はあくまで対症療法で根本的な治療ではありません。モートン病を根本から改善するには、以下のような原因に対する治療が大切です。

1.足首や足指の硬さ

神経は繰り返し引っぱられるような刺激が加わると炎症が起きます。
神経は足首を通り足の指まで伸びているのですが、足首や指の関節が硬い人は、神経も硬く柔軟性がありません。
ですので歩くたびに神経が引っぱられて次第に神経が痛んでいきます。

2.浮き指やアーチの崩れ

神経のある部分にばかり体重がかかると神経を痛めることもあります。
特に、浮き指や足のアーチが崩れている方は、足のつけ根に体重が集中し、その部分の神経が圧迫を受けてしまいます。

浮き指とは

立っているときに足指に体重を感じにくい人や、足を伸ばして座ったときに指が反っている人は浮き指です。

浮指1
浮指2

体は「かかと・前足部・指」の3カ所で体重を支えるのですが、浮き指の人は神経の集中する前足部で体重を支えることになります。

アーチの崩れとは

アーチの崩れ

足には縦アーチと横アーチがあり、体重がかかった時にこのアーチが潰れることでクションの役割を果たします。

しかし足のアーチを支える筋肉や靭帯が弱くなるとアーチが機能しなくなり足への衝撃を吸収することができず、足の神経にダイレクトに負担がかかります。

3.体のゆがみ

体のゆがみ

浮き指や足のアーチが崩れてしまう根本的な原因は「体のゆがみ」にあります。特に股関節や足首がゆがむこことで、姿勢や歩き方が悪くなり、足のアーチの崩れや、浮き指を引き起こします。

また、体のゆがみにより腰の神経を悪くすると、腰の神経から伸びている足の神経も悪い影響を受けることがあります。


モートン病の間違った治療や対処法

良かれと思っておこなっている対処が実は逆効果だということも少なくありません。
例えば合わないインソールを履くとかえって神経が刺激され、症状が悪化することもあります。テーピングやサポーターもやり方や巻く強さなどに注意しなければ、逆に圧迫を助長して痛みを引き起こすこともあります。

また、足の裏をぐいぐい押したりマッサージすると、神経を痛めてしまう恐れもあります。仮に、このような方法で良くなったとしても、根本的な原因が治っていなければ、またすぐに痛みやしびれは再発します。

当院でおこなうモートン病の治療

原因を丁寧に探し出す

原因を探し出す

痛みやしびれの原因は人それぞれです。当院では痛みやしびれの原因を突き止めるために検査と問診を時間をかけて丁寧におこないます。

足の状況や歩き方、体のゆがみなどをしっかりとチェックすることで、その原因がわかり良くなるまでの道筋を作ることができます。


「局所」と「全身」の両方にアプローチ

しびれや痛みの直接の原因は、足首や指の硬さ、アーチの崩れなど足自体(局所)にあります。しかしその根本的な原因は、姿勢の悪さや体のゆがみなどの「全身」にあります。

そこで当院では、直接的な原因である「局所(足)」と、根本的な原因である「全身(ゆがみ)」に対する治療を一緒におこなっています。

局所(足)の整体

局所の治療

足の整体をおこない足首や足指の硬さ、アーチの崩れ、浮き指を改善する整体をおこないます。
そうすることで神経の負担も軽減し、局所の血流もよくなるので、痛めた神経の回復が早くなります。

全身(ゆがみ、姿勢)の整体

全身の治療

当院では足だけでなく、全身のつながっている筋肉を調整したり、股関節や足のねじれや、ゆがみを整える整体をおこないます。そうすることで、姿勢や歩き方がよくなり、神経の負担が軽減され、痛みやしびれが根本から良くなります。

足だけの治療をしてもなかなか良くならないのは、根本的な原因が解決できていないからです。

ボキボキしたりきつく押したりはせず、筋肉や関節をやさしく動かしたり伸ばしたりするソフトな整体ですので、どなたでも安心して受けていただけます。

また、当院でおこなう整体は多くのプロアスリートも実際に受けているものです。この整体をおこなうことのできるのは全国に数十名ほどの先生だけで、現在京都市では当院でしか受けることができません。
そのため当院の整体を受けるために、京都市内外からも患者さんがお越しになられます。

インソールやテーピング治療

インソールやテーピング治療

正しいテーピングや足にあったインソールはモートン病の改善に役立ちます。当院はフットケアトレーナーという京都市でも数少ない足の治療の専門家で、オリジナルのインソールや、足に負担のかからない靴選びや靴の履き方も指導しています。

「どんな靴を選べば良いのかわからない」
「足が楽になるインソールが欲しい」

と思われる方はぜひご相談ください。

たくさんの喜びの声をいただいております

治療のあとまったく痛みがなくなりびっくり!!普通に歩けるようになりました

患者さんの声1

もり鍼灸整骨院を選んだ理由は?

外反母趾の痛みに長年悩んでおりました。(足裏の痛み)
何軒も病院、整骨院を回りましたが満足する治療は受けられず、今回はあまりに痛みがひどく歩けなくなり必死でネットで検索して見つけました。

どのような症状にお悩みでしたか?

外反母趾がひどく、足裏(モートン由来の痛み)、アキレス腱にも痛みがあり歩くのが辛かった。

受診して良かったことは?

治療のあと、帰宅時にはまったく痛みがなくなりびっくり!!しました。また痛みが再発するのでは…と不安でしたが、先生のご指導くださるペースで通院を続けたらまったく痛みがなくなり、普通に歩けるようになりました。

京都市北区 60代女性(パート) keiko様

悩んでいたことが全て完治。研究熱心な先生の技術やお人柄のおかげです

患者さんの声2

もり鍼灸整骨院を選んだ理由は?

インターネットを見て「ここだ!」と思いました。

どのような症状にお悩みでしたか?

足の痛み、首筋の痛み、肩こり

受診して良かったことは?

悩んでいたことが全て完治しました。
先生の研究熱心なところ、技術やお人柄のおかげです。

京都市右京区 50代女性(主婦) N・I様

今すぐご予約ください

ご予約はお早めに

当院には京都市内外から多くの方がお越しください、またほとんどの患者さんが1週間から1か月後のご予約をお取りになります。そのため急なご予約ではご希望の日時にお取りできないこともございます。

当日ですとご案内が難しいことも多いので、なるべく1週間前から前日までにはご予約いただけますと幸いです。

モートン病は治療が遅れるほどに治りにくく慢性化しやすい病気です。中には数年間お悩みの方もいますが、そのような方の多くは「そのうち治るだろう」と放置されていた方です。

慢性的な痛みやしびれにならないためにも、京都市でモートン病にお悩みの方は今すぐにご予約くださいませ。

(柔道整復師・鍼灸師 森洋人 監修)