腰痛の治療について

ご自身の腰痛の原因をご存知ですか?

このように聞かれると「知らない」という人もいれば「知っている」という人もいるでしょう。
腰痛の方にお話しをお伺いすると、知っていると答えてくださる方も多いです。
例えば「腰痛の原因がヘルニアだ」という方や、「脊柱管狭窄症である」という方、「すべり症」、「筋肉の炎症」あるいは「神経が原因である」という方もいらっしゃいます。
当院にご来院くださる患者さんは長年腰痛に悩まされている方も多く、病院や整骨院で腰痛の知識を得たり、ネットや雑誌など自分で腰痛の原因を調べられている方もいます。

原因がわかっているのに治らない?

治療というのは原因がわかれば改善は難しくないはずです。
ヘルニアであれば飛び出した髄核(ずいかく)を取り除けばよいわけですし、脊柱管狭窄症であれば神経の通り道を広げてあげればよいわけです。
炎症が原因であればステロイドという強力な炎症抑制剤がありますし、神経が原因であれば神経をブロックすれば腰痛はなくなるはずです。

img_yotu01

しかし皆さんの腰痛はそのような治療で本当によくなっているのでしょうか?
ヘルニアの手術をしたけど、脊柱管狭窄症の手術をしたけど、炎症を抑える薬を飲んでいるけど、ブロック注射を打っているけど…それでも腰痛が治らない、すぐに腰痛が再発してしまう…このような方も多いのではないでしょうか?

なぜみなさんの腰痛は治らないのか?

実は皆さんが腰痛の原因だと思われているものは「腰痛の原因ではない」可能性があります。

img_yotu02

まずはこちらをご覧ください。

椎間板ヘルニアと診断された強い腰下肢痛を訴える患者46名と、年齢、性別、職業などを一致させた健常者46名の腰部椎間板をMRIで比較した結果、健常者の76%に椎間板ヘルニアが、85%に椎間板変性が確認された。
http://1.usa.gov/iN3oKG

これは腰痛研究でもっとも権威のある国際腰痛学会の栄誉ある賞を受賞した論文です。
簡単にいうと腰痛のない76%の方にヘルニアが、85%の方に椎間板の異常があったということです。
これにより、骨の変形や椎間板の異常は腰痛の原因とは言えないという事実が証明されました。
アメリカ腰痛学会の腰痛ガイドラインでは「変形性腰椎症は無意味な診断である」と明記されています。
みなさんもよく知っている「ヘルニア」や「脊柱管狭窄症」など椎間板に異常をきたす疾患が腰痛の原因でないということはすでに多くの研究が証明しています。

腰痛が治らない理由

腰痛が治らない原因は「腰痛の原因を間違えている」もしくは「治療法を間違えている」このどちらかです。
例えば腰痛の原因が筋肉にあるのに、手術で骨や椎間板を削ったところで腰痛が良くなるわけがりません。
例えば腰痛の原因が筋肉にあるとわかっても、腰の牽引治療やコルセット、筋肉を傷めてしまうようなマッサージを繰り返し行っても腰痛が良くなることはありません。
日本では現在でも腰痛に対して牽引治療をおこなったり、コルセットや湿布が処方されます。
けれども残念なことに様々な研究でこのような治療は効果がないということがわかっています。それでも日本では未だにこのような腰痛治療がおこなわれている。
効果がないと証明されている治療を受け続ける理由はどこにあるのでしょうか?

腰痛に効果的な治療とは

現在、慢性腰痛においてその効果が証明されているものは鍼灸治療やマニュピレーション(整体やカイロプラクティックなど)です。
しかし鍼灸治療や整体、カイロプラクティックを受けたけど腰痛が良くならないという方もいらっしゃるでしょう。
これらの治療は、効果がないと証明されているものよりかは腰痛が改善される確率が高いことに間違いはありません。
それぞれの治療はみな素晴らしいものだと思います。ですが「根本的な腰痛の原因」を改善できなければその効果は十分に発揮されません。

腰痛の原因は本当に腰にあるのか?

慢性腰痛に効果的な治療は鍼灸やマニュピレーション(整体やカイロプラクティック)であるはずなのに、なぜ治療を受けても腰痛が良くならない人がいるのか?
原因はいろいろあると思いますが、その中でも「根本的な原因にアプローチしていな」ことが主な原因であると私は考えています。
例えば腰痛の原因が腰ではなく、足や股関節、首にある場合、いくら腰の筋肉を緩めて一時的に腰痛を改善できてもすぐにまた腰痛は再発します。
例えば腰痛の原因が日常生活での体の使い方や癖にある場合、その体の使い方や癖を改善しない限り根本的な解決にはなりません。

腰痛の原因が腰にあるとは限りません

例えば「腰が痛くて前かがみになれない」という腰痛があったとします。
体が前かがみになる動作は腰だけでおこなうものではありません。足首や股関節、肩甲骨なども同時に働きます。
足首や股関節、肩甲骨などの動きが悪くなったりバランスが崩れると腰に過剰な負担がかかり腰痛を発症することがあります。
この場合、足首や股関節、肩甲骨に対してアプローチしなければ腰痛の根本的な改善はできません。
首が腰痛にかかわっている場合もあります。首は体のバランスを保つために重要な働きをしているので、首に何らかの問題があると体のバランスが崩れてしまい腰痛を発症することもあります。

当院の腰痛治療は「局所」と「全身」にアプローチ

当院では「局所の治療」と「全身の治療」をおこないます。
全身の治療とは動きが悪かったり、バランスを崩している足首や股関節、肩甲骨や首などに対して整体治療をおこなうものです。

img_yotu03

局所の治療とは痛みを出している腰の筋肉や筋膜、靭帯などに鍼灸や指圧でピンポイントにアプローチするものです。

img_yotu04

全身の影響で腰の筋肉や筋膜、靭帯などに負担がかかり続けると次第に筋肉の血流が悪くなり筋肉の中に「トリガーポイント」が形成されます。

トリガーポイントとは?

繰り返しの筋肉への負担、冷えや、むくみによる循環不良、不良姿勢によるストレスなどにより、筋肉は疲労が蓄積して硬くなります。
この状態を長く放置していると、筋肉の中に索状硬結(さくじょうこうけつ)という「しこり」のようなものができます。これをトリガーポイントといいます。

トリガーポイントが出来てしまうとそれ自体が腰痛を引き起こしてしまいます。これをトリガーポイントの活性化というのですが、一度活性化したトリガーポイントはトリガーポイントを取り除くか、腰痛を感じない程度まで抑え込むしかありません。
その方法として最も効果的なことはそのトリガーポイントに適度な刺激を与えることです。そうすることでトリガーポイントは次第に消えていきます。
当院では指圧や鍼でこのトリガーポイントに適度な刺激を与えます。
全身の治療だけでも時間をかければトリガーポイントの活性化は次第に治まってきますが、より早く確実に腰痛を改善するためには「局所の治療」と「全身の治療」を同時に行うことが最も効果的です。

完全予約制で一人一人丁寧に

当院では腰痛の原因をみつけるために時間をかけて問診や検査をおこないます。そして患者様一人一人のお体の状態を正確に把握するために治療も院長一人でおこなっております。
当院は完全予約制ですので一日に診ることのできる患者様に限りがあますので治療をご希望の方はお早めにご予約ください。
みなさまが一日でも早く辛い腰痛から解放されるように全力で治療にあたります。

ぎっくり腰の治療

ぎっくり腰は本当に激痛で悲惨なものです。 腰が曲げられず靴下やズボンがはけない、激痛のために布団から起き上がる

続きをみる…