失敗しない治療院の選び方

もり鍼灸整骨院のあるここ、京都市は430件以上の整骨院・接骨院があり、大手口コミサイトで「京都市・整体」と検索すると500件以上の治療院がヒットします。
整骨院や整形外科、整体院、カイロプラクティックなど様々な治療院がある中「自分はどこに行ったらよいのだろう?」と迷った経験はありませんか?

治療院を選ぶポイントは…?

治療院を選ぶポイント、それは「自分のニーズに合っているかどうか」です。
「実際に行ってみないとわからない」といわれるとその通りかもしれませんが、治療院選びのポイントを知ることで無駄な時間とお金を使うことなくあなたのお悩みを少しでも早く解決することができます。「失敗しない治療院選び」ぜひともご活用ください。

法律を守っていることが大前提

近年、整骨院の不正請求が摘発されるというニュースをよく見かけるようになりました。
われわれ整骨院には柔道整復師法という法律があります。
その中で保険を取り扱える疾患は「骨折・脱臼・打撲・捻挫・肉離れ」と定められています。
肩こりや腰痛などの慢性の疾患は保険で取り扱うことはできません。
しかし整骨院の中には肩こりや腰痛などの慢性の疾患を「ねんざ」や「打撲」などと偽って保険を請求する悪徳な整骨院もあります。これは立派な詐欺罪です。
自分は患者だから関係ないと思っていてもそれを承知で治療を受けると同罪になってしまいます。以下のような整骨院には注意しましょう。

①肩こり、腰痛など(慢性疾患)は保険適応外と明記されていない

ホームページをみると肩こりや腰痛の内容が書かれていたり、施術風景が載っているのに保険の料金しか記載されていなかったり、「肩こりや腰痛は保険適応外」と明記されていない。

②ねんざや肉離れなどにこじつける

診察時、明らかな肩こりを「それは首のねんざが原因ですよ」とか、明らかな腰痛を「走ったとに腰が軽い肉離れを起こしたのでしょう」などよくわからない理由をつけて保険で治療しようとする。

このような整骨院では不正をしている可能性があります。いかなる理由があれ肩こりや腰痛を保険で治療することはできません。どんなに素晴らしい先生でもやはり守るべきルールをきちんと守っているかどうかが治療院選びの最低条件ではないでしょうか。

国家資格を有しているか?

日本で整骨院、鍼灸院を開業できるのは、

  • 柔道整復師
  • はり師・きゅう師(→両方持っていると鍼灸師)
  • あんまマッサージ指圧師

この4つの国家資格のみです。
私はこのうち「柔道整復師」「はり師」「きゅう師」の3つの国家資格を有しています。
国家資格を取得するためには大学や専門学校にて3年間、約2800時間のカリキュラム(解剖学や生理学、実技、各専門科目など)を履修しなければなりません。

一方、整体院やカイロプラクティックは民間資格ですのでたくさん勉強している方もいれば、ついこの間までサラリーマンや主婦でしたという方もいらっしゃいます。
決して整体やカイロプラクティックなどの民間資格が悪いというわけではありません。私自身も尊敬する整体の先生もいらっしゃいます。しかしそのような先生に巡り合える確率はとても低いものです。
国家資格をもっているからといって全ての先生が優れているわけではありませんが、少なくとも最低限の知識・技術をもっていることには違いありません。

過剰な割引をおこなう治療院

「初回1万円を今なら1980円で!」というような割引をしている整骨院や整体院を見かけます。
割引が悪いというわけではありませんが、資格を取るための費用や様々な勉強や技術を学ぶにはそれなりの投資が必要です。そのような投資をおこなっている治療院は簡単には値引きできないはずです。

なかには割引でたくさん人を集めて高い回数券を売りつけるような治療院もあります。治療技術が高く患者さまの信頼を得られるような治療院では回数券を売らずとも患者さまは足を運んでくださいます。
このような理由から過剰に割引をおこなう治療院には注意が必要だといえます。

ネットや広告で過剰に煽る

ネットは正しい情報を患者さまに提供して少しでもお役に立つためのものです。
「あなたの骨盤は歪んでいて放置すると大変なことになりますよ!」とか「ヘルニアは3回で治せます!」などありえない内容を記載している治療院もあります。

例えば骨盤の歪みが腰痛に何ら影響を与えないことは最新の医学研究で証明されていますし、ヘルニアは数か月かけて体に吸収される形でしか治りません。
数回の治療でヘルニアが治るのであれがそれは他に原因があったまでのことでヘルニアが治ったわけではありません。
このように事実とは違うことをあたかも真実であるかのように伝えている治療院は、単に知識がないか、患者さんを不安にさせて来院を促そうという手法をとっているかのどちらかです。

治療院のホームページを見て「なんか嫌」「なんだか受け付けない」と感じているあなたはホームページを見ることで不安を煽られている証拠です。

ここまでのことを少しまとめます

①法律を守っているか?

保険で肩こり腰痛を治療していないか?法律を守っていることが治療院選びの最低条件。

②国家資格を持っているか?

民間資格でも素晴らしい先生はいるが出会う確率は低い。国家資格は厚生省が認めているため最低限のレベルは持っている。

③過剰な割引をおこなっていないか?

治療技術に投資をおこなっていなかったり、高額な回数券を買わせたりする可能性がある。

④ネットや広告で煽っていないか?

患者さまを不安にさせて来院を促しているか、正しい知識がない。

まずはこのような点に気をつけていただけるとよいでしょう。

あなたのニーズに合っていますか?

次に考えたいのがあなたのニーズに合っているかどうかです。
あなたが「治らなくてもいいからとりあえず安くマッサージしてもらえたらいい」という人なのか?それとも「お金をかけてでもなんとか治したい」と思っている人なのか?などあなたのニーズによって「良い治療院」の基準が変ります。

【『リラクゼーション系』院か『治療系』院か】

まず治療院は「気持ちよさ」を目的とした『リラクゼーション系』と「根本治療」を目的とした『治療系』に分かれます。

リラクゼーション系院の特長

  • 「○○分○○円」という料金体系
  • 美容やダイエットをしている
  • 包帯やテーピングなどの治療道具を置いていない
  • 回数券や割引券、クーポン券などがある

治療系院の特長

  • 「1回〇〇円」という料金体系
  • 美容やダイエットなど治療以外は行わない
  • 包帯やテーピングなどの治療道具を置いている

【価格重視か技術重視か】

次に「価格重視か技術重視か」というポイントをみていきましょう。
リラクゼーション系にしても治療系にしても技術レベルが高いところは、勉強や技術の習得に投資をしていますのでおのずと料金が高くなります。

価格重視の治療院

価格重視の治療院は治療をマニュアル化し、スタッフが多い傾向にあります。治療をマニュアル化することで経験や技術がなくても施術ができます。また数をこなして価格を抑えるために予約をしなくても気軽に行けるシステムになっています。またオプションメニューが多く料金のシステムがわかりにくいことがあります。

技術重視の治療院

価格重視の治療院は完全予約制で患者さん一人一人に合わせて治療をおこなうところが多いです。治療をマニュアル化することができないのでスタッフは少ないか、施術は院長のみという傾向がります。また「1回〇〇円」という一律料金の中に必要な治療はすべて含まれていることが多いです。

もしもあなたが根本的に治したいのにリラクゼーション系の治療院に行かれたり、なるべく安くすましたいのに技術重視の治療院に行かれるとどうしても不満が生まれてしまいます。
「本当に辛くて困っている」「本気で治療に取り組みたい」という方は治療系でかつ技術重視の治療院をお選びください。
当院は技術を重視した治療専門院です。本当に困ってる方、本気で治療に取り組みたい方はぜひご相談ください。