ヘルニアの治療

「ヘルニアですね」
ただの腰痛だろうと思って病院に行きこのように診断されたらショックは大きいですよね。
ヘルニアになりやすい年齢はだいたい30~40代。働き盛り子育て盛りの方です。

「この先、仕事をしていけるのだろうか…」
「まだまだ子供に手がかかるのに…」

  • ヘルニアになると腰痛が出る
  • ヘルニアとは一生付き合わなければならない
  • 手術をしなければ治らない

もしもこのように思われている方はぜひこのページを最後までご覧ください。きっとみなさまのお役に立てると思います。

img_hernia01

ヘルニアと診断され、腰痛が長引くとこのような不安を持っても仕方ありませんね。
みなさんはヘルニアについてどのようなお考えをお持ちですか?

椎間板ヘルニアとは?

背骨と背骨の間には椎間板という軟骨があり、この椎間板の中には髄核(ずいかく)といわれるゼリー状の内容物が入っています。
加齢で椎間板が硬くなったり、激しいスポーツ活動で椎間板が痛んでしまうと、椎間板が変形したり中からゼリー状の髄核が漏れ出てしまいます。
この髄核や椎間板が背骨の神経を圧迫したり、刺激したりするものを腰椎椎間板ヘルニアといいます。

img_hernia02

ヘルニアの症状

ヘルニアは、腰痛、しびれ、下肢の麻痺、膀胱直腸障害など様々な症状が出るとされています。
下肢の麻痺や、膀胱直腸障害(尿や便が出なくなるなど)は重篤な症状や後遺症を引き起こす恐れがあるので注意が必要です。
もしも足に力が入らなくなった、尿や便が出なくなったなどの症状があれば手術の必要性もあります。しかし、このような症状が出るのはヘルニアと診断される方のわずか数%でしかありません。

椎間板の異常と腰痛は関係ない!?

まずはこちらをご覧ください。

椎間板ヘルニアと診断された強い腰下肢痛を訴える患者46名と、年齢、性別、職業などを一致させた健常者46名の腰部椎間板をMRIで比較した結果、健常者の76%に椎間板ヘルニアが、85%に椎間板変性が確認された。
http://1.usa.gov/iN3oKG

これは国際腰椎学会(ISSLS)のボルボ賞を受賞した研究です。「腰痛研究界のノーベル賞」と言われるほどの名誉ある賞です。
この研究により「腰痛のない健康な人でも76%に椎間板ヘルニアが、85%に、椎間板変性がある」ということが示されました。
腰痛のない健康な方の4人に3人はヘルニアを持っているということには驚きです。
この世界的な研究により画像診断でヘルニアと診断されてもそれが必ずしも腰痛や坐骨神経痛の原因ではないということがわかりました。

ほとんどの椎間板ヘルニアは治る

椎間板によって神経が圧迫を受ける、もしくは椎間板の中から髄核が漏れ出て神経を刺激すると炎症が起きて様々な症状が出るとされています。
では、これが何年も何十年も続くのでしょうか?

安心してくださいそんなことはありません。

漏れ出た髄核は体内で異物として認識され、マクロファージや白血球といった細胞により吸収・分解され、次第に小さくなっていきます。
つまり、ヘルニア自体は時間の経過とともに自然に治るものなのです。
通常3か月以内に辛い腰痛は改善しますが、腰痛が一向に改善せず日常生活がままならない、進行性の麻痺や筋力低下がみられる場合は手術が考慮されます。しかしこれは腰痛全体の1%にも満たない確率です。

腰痛の原因は筋肉や靭帯などにある

ヘルニアと診断され3か月、半年、1年と過ぎても腰痛が治らなくて困っている方もいらっしゃるでしょう。
仮に腰痛の原因がヘルニアによる神経の炎症であれば、とうに腰痛は改善されているはずです。しかし腰痛は治らない。
実は腰痛の原因というのは、筋肉や筋膜、靭帯、腱などにあります。神経の炎症が治まっても長引く腰痛の原因はここにあるのです。

腰痛の原因トリガーポイント

腰痛や足のしびれの原因は神経だけにあるとは限りません。
お尻や足の筋肉の中にできるトリガーポイントといわれる「硬結(こうけつ)=しこりのようなもの」が原因になっていることもあります。
私の経験上、ヘルニアと診断された方の中にもこのトリガーポイントが原因で痛みやしびれを感じている方がたくさんいらっしゃいます。

img_hernia03

トリガーポイントについては「トリガーポイント治療」のページをご覧ください >>

当院の腰痛治療

img_hernia04

腰痛だけでなく、足のしびれや痛みの原因にもなっているトリガーポイントを解消するために、当院では「全身の治療」と「局所の治療」をおこないます。
全身の治療とは、筋肉や靭帯に負担をかけている姿勢や身体のバランスを改善するための整体治療です。

局所の治療とはトリガーポイントに対して鍼治療や指圧をおこなうことです。鍼や指圧で適度な刺激を与えることでトリガーポイントは緩みます。
この全身治療と局所治療を組み合わせることで、より確実に腰痛を改善していきます。

img_hernia05

詳しい治療法はこちらのページをご覧ください

『腰痛のための整体治療』についてはこちら >>
『腰痛のための鍼灸治療』についてはこちら >>

ヘルニアだからとあきらめる必要はありません

ヘルニアはよほどでない限り治る病気です。
何か月も何年も続いている腰痛はヘルニアが原因ではなく、他に原因があるかもしれません。

  • ヘルニアと診断されたけどいっこうに腰痛が治らない
  • ヘルニアの手術をしたけど足のしびれが治らない

このような症状でお悩みでしたらぜひ当院にご相談ください。