外反母趾でお悩みの50代女性「先生との出会いに感謝する日々です」

こんにちは!
京都市北区 北野白梅町 円町近く もり鍼灸整骨院の森です(^-^)

先日、外反母趾にお悩みの女性の患者さんに治療のご感想をいただきました。

S.U様はご来院時、少し歩くだけでも足の親指の痛みが強くなったり、夜寝ていても疼いて目が覚めてしまうほどの状態でした。
足の痛みは1ヶ月ほどで良くなることが多いのですが、S.U様のお身体の状態と、長年痛みがあるという経過を効く限り3か月ほどの治療が必要であること、
手術では根本的な解決にならないこと、外反母趾の根本的な原因などをお伝えし、治療に通っていただきました。

私の治療を信じてくださり、指導させていただいたセルフケアや日常生活での改善点、計画的なご来院にご協力くださったおかげで辛い足の痛みを改善することができました。

私としても本当にうれしく思いますし、信じて治療にお越しいただき本当に感謝しております。

患者さんは痛みから解放され毎日を安心して過ごされたいと思う選手です。そして私はそれを全力で支えるトレーナーでありたいと考えています。
これは私の信念であり、また目標でもあります。その気持ちがつたわったことが何より嬉しいです!


S.U様 50代 女性 京都市左京区在住

症状:外反母趾


何が決め手で当院を受診されましたか?
ホームページを拝見し、院長の患者に対する向き合い方に心が動き一度受診し確かめようと思いました。

どのような症状でお悩みでしたか?
長年外反母趾で悩んでいましたが、痛みが強くなり少し歩くだけでもつらいと感じるようになりました。
整形外科では手術…という方法もあるようですが、手術は避けたいという気持ちがあり藁にもすがる思いで受診しました。

実際に受診されてみてどうでしたか?
本当に痛みが楽になるのか正直なところ半信半疑でしたが、三カ月たったころから歩くのがつらくなくなりました。
受診前は夜中に疼くような痛みで目が覚めることもありましたが全く解消。
先生との出会いに感謝する日々です。
日常生活の中で知らず々の間にクセとなっている間違った体の使い方を直すよう心がけたいと思っています。
一人々の専属のトレーナーでありたいとおっしゃる先生。まさにその通りでした。


 

外反母趾とは?

一般的に親指の付け根の角度が15°以上曲がったものです。
足は身体を支える土台。親指の変形があると親指の痛みだけでなく様々な症状の原因になることもあり、足の治療をおこなうことでで膝や股関節の痛みが良くなることも。
その他にも、足のバランスが崩れて姿勢が悪くなることから肩こり、腰痛の原因になってしまう人もいます。

足の変形ほぼ例外なく進行性ですので、そのまま放置し角度や痛みが強くなると手術になるケースもあります。

外反母趾の根本的な原因

足の変形の主な原因は、歩き方や体のバランスの崩れからくる「開帳足」や「浮指」にあります。
開帳足とは、足のアーチが崩れたベタッと幅の広い足のことを指します。
開帳足になると足の中足骨といわれる部分が広がります。逆に足先(親指)は先細りのように内側にねじれてきます。
逆に足の横アーチができると母趾が広がりますので、外反母趾を改善するには開帳足を改善する必要があります。

浮指とは親指もしくはその他の指に体重がかかっていないものをさします。
浮指の方のフットプリント(体重のかかり具合をみる道具)をとると指に体重がかからないので、指が写らない方も多いです。
浮指になるとアーチを支えるための足の筋肉が弱くなり、次第に開帳足になります。
(右が浮指の状態)

間違った対処や治療

実は、よかれと思っておこなっている対処や治療が逆効果になっていることがあります。
例えば足の指にスポンジや柔らかいクッションを挟むと、「開帳足(かいちょうそく)」を悪化させてしまいます。
テーピングで無理やり母趾を引っ張るとかえって痛みを引き起こしてしまうこともあります。

私のおこなう足の治療

私が根本的に治療できる理由は、この悪い歩き方や姿勢を改善し、靴の選び方や履き方を正しく指導できるからです。
そこで当院でおこなう足の治療について説明させていただきます。

身体のバランスを整える整体

歩き方や、姿勢が悪くなる原因は、実は股関節の硬さや骨盤の歪みなどにあります。
例えば、このように骨盤と股関節がねじれると、足が外側にねじれます。これは身体が全身つながっているからです。
(「動作分析臨床講座バイオメカニクスに基づく臨床推論の実践」参照)
つまり股関節や骨盤の状態を整えずに、足の整体をしてもテーピングをしても、なかなか改善しないか、良くなてもすぐに悪い状態に戻る可能性があります。

親指を柔らかくする整体

親指が硬いと歩くときに負担がかかり痛みや変形の原因になります。
実は、股関節や足首の硬さの影響で親指が硬くなっていることが多く、柔らかくするにもやはりからだ全体を診ることが大切です。

靴選び、履き方の指導

足に合わない靴を履いていると、足の変形が悪化していきます。
実は靴の問題を正すだけで足の痛みが改善される方もたくさんいらっしゃいます。

なかなか良くならない、長年悩んでいる方でも、正しい対処や治療をおこなうことで良くなる可能性は十分にあります。
外反母趾でお悩みの方は痛みや見た目の問題など様々なお悩みがあるかと思いますので、当院では問診、検査を丁寧におこない、そのお悩みが解決できる最善の方法をご提供させていただきます。
足のトラブルでお悩みの方はぜひ一度当院にご相談ください。

ご質問やお問い合わせはLINEでも承っております。

 

お悩みの方はぜひご相談ください。

 

(柔道整復師・鍼灸師 森洋人 監修)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。