年齢は関係ない!膝内側の痛みを今すぐ治すストレッチ

 

 

皆さんこんにちは。

 

京都市北区にあります もり鍼灸整骨院 院長の森と申します。

 

今回は膝の痛みを今すぐ止める方法とストレッチをご紹介します。

 

年齢とともに膝の痛みにお悩みの方も多いのではないでしょうか?

 

病院で診てもらっても「歳だから仕方ない」「悪化したら手術をしましょう」という風に言われて、

 

思うように改善せずに悩んでいませんか?

 

本当に年だから仕方ないのでしょうか?手術しか方法はないのでしょうか?

 

そんなことはありません。

 

膝の痛みの本当の原因

 

実は「関節の変形や骨が原因だ」と言われている膝の痛みの原因の多くは、

 

筋肉が原因で起こる関連痛が関係している可能性が高いです。

 

関連痛とは筋肉の痛みを関節の痛みのように感じてしまう事です。

 

年齢を重ね、膝が外側に湾曲しているような方でも、痛みなく元気に歩いている方もいらっしゃいます。

 

足が大きく湾曲している方は、必ず骨の変形を伴っています。

 

それでも痛みがないのは、筋肉が元気だからです。

 

逆に関節の変形があまりなくても、筋肉の硬さや働きが悪くなると、関連痛を引き起こす可能性があります。

 

特に膝の内側の痛みは、膝のお皿の外側に痛みを感じる方が多いです。

 

この辺りは骨しかないので骨の痛みと勘違いされがちですが、周りの筋肉が原因となる関連痛の可能性があります。

 

特に、膝の内側の上の方にある内側広筋と、太ももの内側にある薄筋が原因になっている可能性が高いです。

 

これらの筋肉を緩めて、膝の痛みを解消しましょう。

 

内側広筋と薄筋のセルフケア

 

このセルフケアを行うと、内側広筋や薄筋の痛みが和らぎ、膝の痛みが解消されます。

 

内側広筋、薄筋のセルフケアはこちらです↓

 

 

最後に

 

いかがだったでしょうか。

 

このセルフケアは、お薬を飲むよりも注射を打つよりも効果があります。

 

もし膝が痛いと思ったら、まずはこのストレッチを行ってみてくださいね。

 

当院の膝の痛みの治療についてはこちらからご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(柔道整復師・鍼灸師 森洋人 監修)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です