格安の整体やマッサージ。それって本当に大丈夫?

こんばんは!
京都市北区 はりきゅう整体 もり鍼灸整骨院の森です(^-^)

昨日の夜にご飯を食べながらテレビを観ていたらちょっと驚く内容のバラエティ番組が放送されていました|д゚)
どんな内容かというと…
60分2980円でマッサージを提供する巷でよく見かけるマッサージ屋さんや、肩こりを保険で治療する整骨院ってどうなの?というものでした。
実際に働いていた人にインタビューしたり、その業界の事情通にお話しを聞いていたのでなかなか面白かったです( ̄▽ ̄)

もみほぐし系のお店の元従業員が語る悪質な営業の実態とは?

IMG_3600
実際に格安マッサージ屋さんで働いていた従業員が数名登場しこんなお話しをしていました。
一言一句合は覚えていませんが出来るだけ忠実に会話を再現しました(ー_ー)!!

(元従業員Aさん)
「リピートしてもらうために強押し(強いマッサージ)をしています。強くマッサージをすると筋肉は防御反応を起こしさらに硬くなります。一時的には血行が良くなり気持ちよくなりますが、後日また筋肉が硬くなってくるのでお客さんはまた来ます」
「気持ちいこと言ってガンガン揉んで体悪くしてまたやろうか」と。
IMG_3601
驚きですね、なんとリピートしてもらうためにわざと強いマッサージをして筋肉を硬くする。そしてまたすぐきたくなるように仕向けているとのことでした。

(笑い飯西田)
「そんな強く押してもお客さんの体大丈夫なん!?」
(元従業員Aさん)
「一度後輩に「この筋肉めっちゃ硬くてガンガン押しても全然柔らかくならないんですよ」って相談されてみてみたら「それ筋肉じゃなくて肋骨やん!!思いっきり押したら折れるで!!ってこともありました。」
「2日3日くらい研修したような素人がほとんどだから骨と筋肉の区別もつかないんですよ。」
IMG_3602IMG_3603
(元従業員Bさん)
「僕が働いていたころのスタッフは実際にそれで骨折った人いてました」
IMG_3604
(元従業員Cさん)
「僕の知っている方は鎖骨を折った人がいます」
IMG_3605
(元従業員Dさん)
「押して押して押しまくって、立たれへんようになったとか歩けないみたいな」
IMG_3606IMG_3607
(笑い飯西田)
「実際自分らやったらもみほぐし系のマッサージ屋行く??」
 
(全員一致で)
「絶対に行かないですね」
IMG_3609

この後整形外科のドクターがこのようにコメントしていました。
「素人によるもみほぐしは、何も知らない子供に掃除をまかせるようなもの」と。
IMG_3613
つまりどうなるか分からないしめちゃくちゃされるかもしれない、ということでした。

これが実情だと思うと正直ゾッとします。

もちろん事故はマッサージだけでなく整骨院や資格を持った整体院でも起きる可能性はあります。しかし整骨院や接骨院は国家資格を持っていて一定の医学の知識は持っていますのでよほどでない限りは事故にはなりません。

何より恐ろしいのは「悪くなるのがわかっていても強いマッサージをする」というところです。

自分の大切な体をあずけるところはしっかり考えなければなりませんね(;´Д`)

じぁ肩こりはどこで治療すればいいの?整骨院は肩こりを治療してくれるの?

「巷のマッサージ屋さんはほとんどが無資格なので、国家資格を持つ柔道整復師がいる整骨院だったら安全に肩こりを治療してくれるのでは?」

ということで今度の議題は整骨院での治療について話が及びました。

しかし事情通のAさんはこのようにおっしゃっていました。

「柔道整復師の資格とは本来ケガの治療をするためのもの!慢性的な肩こりを治すための資格ではない!」
IMG_3614
と続き、整骨院での保険適応の範囲について西田から説明がありました。

健康保険適応が認められるもの

「外傷性の捻挫・打撲」「応急処置で行う骨折・脱臼」「医師の同意がある場合の骨折・脱臼」

健康保険適応が認められないもの

「慢性的な肩こり・腰痛」
IMG_3615
(西田)
「実際に肩こり腰痛を健康保険で治療している整骨院があるんです!実は肩こりの患者に対して「手首のねんざ」などとうその診断をして保険請求しています」
IMG_3617
(スタジオの美女)
「え?そうなん?これは患者サイドはわからんもんね?」
IMG_3616
このようなやり取りがされていました。そうなんです、実はこのような事態が横行してしまったために保険を取り締まっている機関から「調査票」が患者さんのもとに送られてくることがあります。

「〇〇整骨院に首の捻挫で受診されましたか?」というような内容の調査票が送られてきて「え?肩こりで受診しただけだけど!?」とその実態を知ることがあります。

中には全く身に覚えのない「腰やひざのねんざ」として保険が請求されていることもあります。

これは「部位ころがし」といって治療間が長くなるとその部位に対して保険が使えなくなるので「新たに違うところを負傷した」ということにしてうその請求するというものです。
IMG_3618IMG_3619
このことについてもテレビで紹介されていたのでびっくりしました|д゚)

こんなことがバラエティ番組で取り上げられるなんてほんとに驚きです。テレビで取り上げられるということは一般の方の関心があるということなんでしょうかね~

では、

肩こりをどこで治療すればよいのか?この内容の逆を考えればおのずと出てきます。

「国家資格を持った保険を使わずに治療してくれるところ」ということです。どのようなところがあるかというと例えば鍼灸院さんや、国家資格をもった整体院さん、うちのように自費専門の鍼灸整骨院などがあります。

今回のこのテレビ放送をみているとなんだか悲しくなってきます。

このように放送されてしまうと整骨院業界全体が悪いイメージを持たれてしまいますからね。

そうじゃない治療院、整骨院もたくさんあります。ですので大切な自分の体、出来るだけ信頼のおける先生に治療してもらってくださいね(^-^)

ご質問やお問い合わせはLINEでも承っております。

 

お悩みの方はぜひご相談ください。

(柔道整復師・鍼灸師 森洋人 監修)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。