産後の骨盤矯正。本当にその治療で大丈夫ですか?

こんばんは!
京都市北区 北野白梅町 円町 もり鍼灸整骨院の森です。

先日、産後6カ月になる患者さんがご来院くださいました。

お話しをお伺いすると、産後から股関節の違和感や、体の歪み感を感じ始めてきたそうです。
さらに座ってから起き上がるときなどに腰痛も感じるようになってきたので、これからどんどん症状がひどくなるのではないかと心配されていました。

実は、当院に来られるまでにも、他の整骨院で2カ月間「骨盤矯正」を受けていたそうです。

回数券を10回分購入し、すべて使い切ったそうですが症状は思うように良くならい。
治療をされた先生は「歪みはなくなったのでこれで大丈夫です」といってくださるそうですが、本当に大丈夫なのか?と不安になったとお話しくださいました。

先生にこれで大丈夫と言われても、症状は変わらないし、何がどう良くなったのかもわからないと不安になっても仕方ありませんね。
子育てで忙しい中10回も治療にいかれるのは本当に大変だったでしょう。

そこでの治療内容は「腰の骨をボキボキ鳴らす」「時に2人がかりで矯正の技をする」というようなものだったそうです。
それがまた痛い治療だったそうで、矯正をうける度に恐怖感があったそうです。
当院にお越しくださったのは、ホームページに「痛くない整体」と書かれていたからだとお話しくださいました。

そこで今回は産後に治すべき体のポイントをご紹介します。治療を受けて良くなったかどうかの判断材料にして下さればと思います。

腰の動きが悪くなっていませんか?

まず歪みの影響が強く出るのが「腰の動き」です。
骨盤の歪みがあれば、前後左右に腰を動かしたときに、ある方向だけ動きが悪くなっていたり、痛みが出たりします。
今回お越しくださった患者さんを診ると、骨盤が後傾といって後ろに倒れているような歪みがあり、そのため腰を反る動作が全然できていませんでした。これが腰痛の原因になっていました。
さらに股関節の硬さを調べると明らかに左右差があり、これが股関節の違和感の原因になっていました。
残念ながらこれではよくなっているとはいい難い状態ですね。

当院での骨盤の整体

治療は、歪みを治すための整体、股関節の動きを改善する整体をおこないました。
当院の整体治療はボキボキしたり、無理やりひねったりしないとってもやさしい整体です。痛みはほとんどなく気持ちが良い程度の刺激です。

治療後に腰の動き、股関節の動きを確認していただくととても動きやすくなりました。
このような治療を3回ほどおこない、痛みと動きがよくなっていれば後は月に1回の治療を2~3回受けていただければ問題ないでしょう。
この3回の治療も連続ではなく、初回から2回目は1週間後、それでよくなっていれば次は2週間後、2週間後もよければ3週間後と、治療の間隔を開けていきます。
ですので産後のママさんでも来院回数も、来院間隔もさほど負担にはなりにくいのではないでしょうか。
今回の患者さんは初回治療でしたので、次は1週間後に来てもらって、よくなっていれば次は2週間後にします。

骨盤がゆがむ根本的な原因はどこに?

歪みの原因を探っていくとどうやら授乳中の姿勢と場所に問題がありました。
この方は柔らかいソファー、もしくは柔らかいベットの上で授乳をおこない、さらに足を組むという癖があったことが歪みと、股関節の硬さの原因でした。

産後は骨盤がぐらぐら不安定な状態にありますので、余計に歪みやすくなっています。
整体をおこなって症状が改善されても、授乳中の身体の使い方や癖を改善しなければまた症状が出てきます。

授乳はなるべく椅子でおこなうこと、さらに足を組むのではなく授乳用のクッションを使用して高さを調整するよう指導させていただきました。
クッション使うのめんどくさいと思われる方も少なくないでしょうが、腰痛や股関節の痛みがある方はぜひ使ってください!

このように、身体がどのように悪くなっているのか?何が原因なのか?を理解することができれば改善が目でみてわかり、そして体でも感じることができます。

さらに気をつけるべきことがわかれば、今後の症状の悪化や骨盤の歪み予防もできます。ここに簡単なエクササイズを加えることで産後の体型の崩れを改善することだってできます。

・何となく骨盤矯正を受けた気になっている
・矯正を受けたけど良くならない
・自分にはどんな治療が必要なのかわからない

もしも産後にこのようなお悩みがあれば当院にご相談ください。
あなたのお悩みが解決されて毎日を安心して過ごせるように私が全力でサポートさせていただきます。

当院の詳しい治療はこちらをご覧ください↓
『当院の治療について』

ご質問やお問い合わせはLINEでも承っております。

 

お悩みの方はぜひご相談ください。

(柔道整復師・鍼灸師 森洋人 監修)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。