股関節の痛み「変形性股関節症」もあきらめないでください。

こんにちは!
京都市北区 北野白梅町 円町近く もり鍼灸整骨院の森です(^-^)

当院にはご高齢の患者さんもよくご来院されます。
その中でも股関節の痛み、「変形性股関節症」でお困りの方は多いです。

1ヶ月半ほど前から通院されている、京都市右京区にお住まいの70代女性の患者さんもそのお一人です。

当初は、歩き始めの股関節の痛み、階段の上り下りの痛み、座ってからの立ち上がりの痛みがありました。
その痛みのために、股関節を曲げて体を少しかがめた姿勢で、足を引きずるように歩かれていました。

治療を始めて1ヶ月半が過ぎた現在は歩くときの痛みも改善し、何より体をまっすぐにしても歩けるようになってきました。

先日も症状の確認のため治療後に歩いてもらいました。

「痛みはどうですか?」とお伺いすると、少し考え込むような顔をされたので「痛かったですか?」とお聞きすると…

「腰のを伸ばしてまっすぐ歩けるようになったんだなぁって実感しています」とお話しくださいました(*^_^*)

どうやら良くなったことを心から喜んでいる表情だったようですね(^-^)

当初は股関節の手術も考えられていたので、このように改善して患者さんもですが、私自身もとても嬉しい気持ちです。

今回の患者さんのように、例え骨が変形しているような「変形性股関節症」でも治療を行えば良くなる可能性は十分にあります。

これは、骨の変形が痛みの原因ではないからです。

実は痛みの原因というのは多くの場合、関節周りの筋肉にあります。

関節が変形すると周りの筋肉が関節をサポートしようと頑張って働きます。
しっかりと働いているときは良いのですが高齢者の弱った筋肉では次第に限界が来て、そのうち筋肉が痛みを感じるようになります。

この場合は、働きの悪くなった筋肉をもうよい状態に戻すことができれば、例え骨の変形が治らなくても痛みはよくなります。

今回の患者さんもその例外ではなかったようですね。

このように年齢を重ねることで、骨が変形していても痛みが改善し、より安心して生活できるようになる患者さんもたくさんいらっしゃいます。

股関節やひざの痛みにお悩みで、「年だから仕方がない」と諦めている方も多いのではないでしょうか?
もしくは治療を受けているけどよくならない、そのような方も少なくないでしょう。

もしもあなたが本気で股関節の痛みを治したいのであればぜひ当院にご相談ください。
みなさまが安心して毎日を全力で過ごせるように、私が全力でサポートさせていただきます。

ご質問やお問い合わせはLINEでも承っております。

 

お悩みの方はぜひご相談ください。

 

(柔道整復師・鍼灸師 森洋人 監修)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。