マッサージを受け続けても肩こりが良くならない理由

こんにちは!
京都市北区 北野白梅町 円町近く もり鍼灸整骨院の森です。

先日、男性の方からこのようなお問い合わせがありました。

「きつい肩こりですが、そちらではマッサージをしてくれますか?」というものです。

お話しを聞いてみると、昔からの肩はひどくこり、最近はじっとしていられないほどのひどい痛みを感じているようです。
今までもマッサージを受けてきたみたいですが、肩が良くなることはなく、お問い合わせいただいたその日もマッサージを受けてきたとのことでした。

この方のように、マッサージを受けても肩や首のこりが良くならない、マシになるのはその場だけ、というケースも少なくありません。

本当に軽度であれば、筋肉の血流を改善するようなマッサージでこりが改善されることもあるでしょう。

ただこの男性の場合、今までたくさんマッサージを受けてきたこと、数時間前にもマッサージを受けていにもかかわらず、こりが改善されていないことからマッサージを受けてこりが治ることはないでしょう。

むしろマッサージを受け続けてきたことで、こりが悪化し、余計に治りにくくなっている可能性があります。

肩こりが悪化することも

刺激の強いマッサージは筋肉を痛めることがあります。
例え心地の良い刺激だとしても、マッサージは細胞レベルで見ると筋肉の細胞を破壊します。

軽度のマッサージであれば破壊された細胞が修復する過程でにおいて血流が改善し、こりを良くすることもあるでしょう。これは鍼灸治療と同じ原理です。

しかし刺激が強すぎたり、弱い刺激でも長時間や長期間マッサージを受け続けると細胞の修復が追いつきません。
損傷した筋肉は、より硬い筋肉になり、肩はよりひどい状態になってしまうのです。

そうなると患者さんはもっと強い刺激でなければ楽になる感じがしないので「もっと強くもっと強く…」と強いマッサージを求め、マッサージ中毒のようになってしまいます。
慢性的な肩こりでお悩みの方は、このようになっているケースがとても多いです。

ひどい肩こりを改善するポイント

揉んでは硬くなりを繰り返している人の肩はなかなかよくなりません。
まずは、負の連鎖の引き金となっているマッサージを止め、こりの根本的な原因にアプローチしていくことが大切です。

肩や首のこりを根本的に改善するにはいくつかのポイントがあります。
肩や首のこりにお悩みの方は、自分に当てはまらないか確認しながらお読みください。

肩甲骨の硬さ

肩甲骨は肩こりになる筋肉の土台になっている部分です。
肩甲骨の硬さとは、肩を動かしたときの硬さと考えてもらって結構です。

バンザイをして両手がスムーズに耳に付きますか?
後ろで手を組めますか?

肩甲骨の動きが硬いということは、その周りの筋肉が硬くなっているということです。
肩甲骨の動きがよくなるような治療をおこなえば、自然と肩の筋は柔らかくなります。

首の硬さ、ストレートネック

首の動きというのも肩の状態と関係しています。

天井を見上げると、顔が天井と平行にならない。
左右に振り向く動作をとると首が動かしずらい

このような方は首の動きが悪いといえます。首の動きの悪さの原因は「ストレートネック」にあります。

通常首の骨はナチュラルにカーブしています。それにより首にかかる負担を軽減しています。
ところが、このカーブが減少して湾曲の少なくなってしまった首というのがあり、それがストレートネックです。
ストレートネックは、下を向く作業が多くなると起こりやすいです。
そうなると当然、肩首の筋肉は疲れやすくなるので、肩が良くなることはないでしょう。

ひどい肩こりになっている方は、このように肩甲骨や首の動きが悪くなっています。
マッサージを受けても肩甲骨や首の動きが改善されることはありません。

肩や首、肩甲骨の動きがよくなるような整体をおこなうと、肩まわりの筋肉は自然と緩んでいき、こりは良くなります。
当院にもマッサージを受け続けてきた患者さんはたくさんいらっしゃいますが、その方々の症状を改善してきたのも同様の方法です。

肩や首のこり改善の治療や患者さんのお喜びの声などはこちらのページをご覧ください。
https://mori18.com/cure/kyoto-katakori

今回お問い合わせくださった男性の方は、マッサージをしてほしいとの要望でしたので、治療をお断りしました。
今まで受けてきたマッサージがどのようなものかわわかりません。
しかし改善されなかったのであれば、今一度冷静になり、肩の治療について考えていただければと思います。

そうすれば改善するために、マッサージ以外の別のアプローチが必要なことは分かると思います。

もしもこのブログを読んでくださっているあなたが、辛い肩や首のこりでお悩みで、マッサージを受け続けているにも関わらず、良くなっていないのであれば今一度治療の方法を考え直してください。

どんなに辛い症状でも、どうにもならないということはありません。
必ず今よりもよくなる方法はあります。

当院にお越しくださった際は、あなたがつらい症状のない安心した毎日を全力で過ごしていただけるよう、私が全力でサポートさせていただきます。

ご質問やお問い合わせはLINEでも承っております。

 

お悩みの方はぜひご相談ください。

 

(柔道整復師・鍼灸師 森洋人 監修)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。