肩こりのための整体治療

img_seitai03

厚生労働省が発表した平成25度の「国民の訴える症状」のデータでは、肩こりが男性の2位、女性では1位だそうです。肩こりはまさに国民の抱える大きな問題といえます。
肩こりは本当に辛いものです。しんどくてイライラしてきたり、仕事や家事、育児に集中できなくなったり、じっと出来ないほどしんどくて、頭痛が起きたりと…
では、一体なぜ肩こりになるのでしょうか?

姿勢とゆがみが及ぼす影響

「肩こりに対する鍼灸治療」でも紹介したように、頭の重さはボーリングの球と同じ重さがあり、それが前に倒れると首の筋肉には過剰な負担がかかります。筋肉へのストレスが大きくなると、筋肉への血流が減少し、筋肉はどんどんこり固まり、その結果肩こりになります。
その他の原因として…

  • 長時間のデスクワーク
  • 手、腕の疲労によるもの
  • バッグなどによる肩への負担
  • 冷えなどによる血行不良
  • 目の疲れ
  • 精神的ストレス
  • 運動不足

など…

様々なことが肩こりの原因としてあげられます。このようにして筋肉に負担がかかると、筋肉は硬くなり、硬くなった筋肉に引っ張られるようにして、骨がズレたり、ゆがんだりしてきます。
ズレやゆがみがあると、骨の動きが悪くなり、さらに肩こりになりやすい状態になります。
実は肩こりの症状がきつい方ほど「ズレ・ゆがみ」が関係し、しびれ、頭痛、めまいなどの症状が出ることもあります。

私の行う肩こりのための整体

img_seitai09

当院では、肩こりの原因となる骨のズレや歪みに対して整体を行い、肩こりの筋肉に対してもマッサージや手技により直接アプローチします。そして姿勢を改善することにより負担のかかりにくい体を作っていきます。このように痛みを出している局所へのアプローチと、全身へのアプローチを同時に行うことでより効果的に肩こりの治療が行えます。

頭痛に悩むあなたへ

慢性頭痛にはいくつかの種類があります。

緊張性頭痛(きんちょうせいずつう)

肩こりや、首こり、心身のストレスが原因で起こる頭痛をいいます。このタイプの頭痛は大変多く、頭が締め付けられる感じや、頭が重たい感じ、めまいを感じることもあります。

偏頭痛(片頭痛)

月に1~2回程度で、ズキンズキンとした拍動性(はくどうせい)の頭痛で、音に敏感になる、視野や視覚の異常が前兆として現れる場合があります。原因としては血管や神経に問題があると言われています。

群発性頭痛(ぐんぱつせいずつう)

男性に多く、片側の目の奥に激しい痛みを覚えます。その症状が1~2時間続きその後自然に治まります。睡眠中に多く、目の奥の血管に問題があると言われています。

img_seitai10

中でも最も多いのが緊張性頭痛です。なぜなら肩こりが大きく関係するからです。
ある実験では、首にわざと「こり」を作り(首の筋肉に生理食塩水を注入すると筋肉は硬くなる)症状を観察すると、頭痛やめまい、吐き気などが現れるというデータがあります。このように、肩こりや首こりは頭痛や、様々な症状を出す危険性があるということがわかっています。
当院では、肩こりの整体や、肩こりの鍼灸治療、姿勢改善などにより辛い肩こりでも効果的に治療することができます。様々な症状を出す肩こりだからこそ、体をトータルで診る根本的な治療が必要ではないかと私は考えています。もしあなたが、このような肩こりや頭痛でお悩みでしたら今すぐご相談ください。