1分で腹痛改善!本当の原因は「お腹」にありました

 

 

 

皆さんこんにちは。

 

京都市北区にあります、もり鍼灸整骨院 院長の森です。

 

今回は腰痛改善のためのストレッチをご紹介します。

 

腰痛に悩まれて、「なかなか良くならなくて困っている」という方は多いのではないでしょうか。

 

腰痛の原因は様々ですが、非常に大事なポイントが見落とされていることがあります。

 

そのポイントというのが実はお腹にあります。

 

意外かもしれませんが、お腹が原因で腰痛が治らない、腰痛が長引いているという方が沢山いらっしゃいます。

 

そこで今回は、「なぜ腰痛とお腹が関わっているのか」そして「改善ストレッチの方法」をお伝えします。

 

 

「腰痛」と「お腹」が、なぜ関係するのか

 

 

”腰の筋肉”と言うと、背中側についている筋肉だけだと思われる方が多いのではないでしょうか?

 

実は、お腹側についている腰の筋肉というものがあります。

 

大腰筋・腸腰筋は、背中側ではなく、お腹側からしか触ることが出来ない腰の筋肉です。

腰痛の要因は?

 

腰痛の原因は、主に2つあります。

 

①お腹の筋肉が硬くなり腰を引っ張っている

 

②くの字になった股関節を伸ばすために腰の筋肉を頑張らせている

 

デスクワークやお家で座ることが多い方は、股関節がくの字の状態で固まってしまいます。

 

すると、立ち上がる際に硬くなった筋肉が伸び、一緒に腰も引っ張ってしまいます。

 

股関節が固まったまま生活するのは困難なので、股関節を伸ばさないといけません。

 

股関節を伸ばす時に働くのが腰の筋肉です。

 

一見真っ直ぐに立っているように見えても、腰の筋肉を使って股関節を真っ直ぐしている。

 

そうせざるを得ない方が沢山いらっしゃいます。

 

腰痛改善のセルフケア

 

今までのお話から分かる通り、腰の筋肉である大腰筋・腸腰筋を緩めることが腰痛改善には必要です。

 

このセルフケアを行うと、痛みや前屈、後屈の可動域を改善することが出来ます。

 

そのセルフケアについてはこちらをご覧ください↓

 

最後に

 

いかがでしたか?

 

お腹側からしか触ることの出来ないこの筋肉は、見落とされがちですが、腰痛改善にはとても重要な筋肉です。

 

そしてこのセルフケアにもっと重要なのが、継続です。

 

毎日続けることで、腰の痛みの改善に繋がります。

 

毎日継続、頑張ってみてくださいね。

 

当院の腰痛の治療についてはこちらからご覧ください。

(柔道整復師・鍼灸師 森洋人 監修)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です