春の倦怠感やイライラを解消する方法

 

 

みなさんこんにちは!

 

京都市北区 北野下白梅町にあります もり鍼灸整骨院です。

 

春になると体が疲れやすく感じたり、イライラしやすくなったりというご経験はないでしょうか。

 

春はいっけん、気候がよく気持ちのよい時期だと思われがちです。

 

ところが、体にとってはストレスの多い季節でもあります。

 

そこで今回は、この季節の倦怠感やイライラの原因、改善するための方法を紹介させていただきます。

 

 

倦怠感、イライラの原因は自律神経の乱れ

 

春は朝晩の気温差がとても大きくなります。

 

服の衣替えがあるように、身体も寒さから暑さに対応するために準備を始めます。

 

この体の衣替えの影響により自律神経が乱れ、疲れやすさやイライラの原因になってしまうことがあるのです。

 

 

倦怠感、イライラの改善には首と横隔膜

 

自律神経が乱れている人は首の筋肉が硬くなっています。

 

これは自律神経をコントロールする大切な場所が首にあるからです。

 

また、首には横隔膜を支配する神経もあり、自律神経の乱れから横隔膜が上がっているケースがあります。

 

横隔膜が上がると呼吸が浅くなり、酸素の巡りが悪くなり、疲労や倦怠感の原因になります。

 

 

倦怠感、イライラを改善するセルフケア

 

倦怠感やイライラを感じやすい方は、ぜひ首を柔らげ、横隔膜を下げる対処をとりましょう。

 

まずおこなっていただきたいのは、ツボを使ったセルフケアです。

 

東洋医学では、気血(きけつ)の巡りが悪くなると、イライラや疲れを引き起こしやすいと言われています。

 

以下のツボを刺激することで、これらの症状を改善する効果が期待できます。

①頭のてっぺん「百会」を押す

 

両方の耳を結んだ線上のちょうど真ん中に「百会(ひゃくえ)」というツボがあります。

 

 

このツボは、気血の巡りをよくする効果があります。

 

側頭部を手のひらで覆い、中指があたる頭の中央が百会です。

 

指で押すと「つーん」とした痛みを感じる方が多いと思います。

 

気持ちの良い強さで結構ですので、10秒間押してみましょう。

 

 

②後頭部の側面「風池(ふうち)」を押す

 

東洋医学では、ストレスは「肝(かん)」の不調だと捉えられています。

 

肝の働きを助ける作用と、自律神経の要である首の筋肉を和らげる効果から、このツボを使うことをおすすめします。

 

後頭部の両側は骨が出っ張っています。この骨の下のくぼみに風池というツボがあります。

 

 

写真のように骨のくぼみに親指を当てて、頭を少し後ろに傾け、親指を上に持ち上げると適度に刺激できます。

 

 

気持ちの良い強さで結構ですので、10秒間押してみましょう。

 

 

横隔膜を下げる呼吸法

 

最後にご紹介するには、自律神経を整える呼吸法です。

 

「腹圧呼吸」という横隔膜を下げる呼吸法になります。

 

まずは鼻から4秒かけて息を吸います。

 

 

吸うときにお腹が膨らんでいくことを意識してください。

 

次に、8秒かけて口ぶえを吹くように、口から細く長く息を吐き出します。

 

 

吐くときも、お腹が膨らんだ状態をキープします。

 

この呼吸を3回繰り返します。

 

 

最後に

 

ツボ押し、呼吸法、すべておこなっても3分ほどで実践できます。

 

1日1回、寝る前におこなうと睡眠の質も向上するのでより効果的です。

 

お時間の許す方は、朝や日中に取り入れていただいても結構です。

 

春は自律神経の乱れから様々な不調がでます。

 

セルフケアだけでは楽にならない、もっと楽になりたい、そう思われる方は体のバランスを整える整体や、体の循環をよくする鍼灸などが効果的ですので、ぜひ治療も受けてみてくださいね。

 

ご質問やお問い合わせはLINEでも承っております。

お悩みの方はぜひご相談ください。

(柔道整復師・鍼灸師 森洋人 監修)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。