むくみやすい足、疲れやすい足の正体

 

 

皆さんこんにちは。

 

京都市北区にあります もり鍼灸整骨院 院長の森と申します。

 

皆さんは、このような症状でお悩みではありませんか?

 

夕方になると足がむくむ

少し歩くだけで足が疲れる

こむら返りが起こる

 

そこで今回はむくみやすい足、疲れやすい足の原因と解消法をお伝えします。

 

結論から申しますと、足がむくみやすい、疲れやすい原因は無駄に力を入れて歩いていることです。

 

むくみやすい原因。力が入っている状態とは?

 

人間の本来の重心は、耳の横、肩、股関節、くるぶしのやや前を通る縦のラインです。

 

特に大切なのが、重心はくるぶしのやや前を通っているという事にあります。

 

それよりも後ろに重心がいくことを後方重心、前にいくことを前方重心と言います。

 

後ろに体重をかけると、太ももの前や脛の前の筋肉に力が入ってしまい、

 

前に重心をかけると、太ももの後ろやふくらはぎに力が入ってしまいます。

 

実は、これがむくみや疲れやすさの原因になります。

 

このように重心がニュートラルな状態から前後にずれてしまうと、無駄な力が入ってしまうのです。

 

むくみを引き起こす「重心の崩れ」

 

あなた自身に重心の崩れがあるのか、無駄な力を入れて歩いているのか気になりませんか?

 

まずはご自身の状態を知り、必要があれば改善法をお試しください。

 

重心を正しい位置に戻すことで、足のむくみや疲れやすさが改善されます。

 

重心の崩れをチェックし、改善方法をこちらからお試しください↓

 

 

最後に

 

いかがでしたか?

 

足のむくみや疲れやすさにお悩みの方は、ご自身の重心の崩れをチェックし、

 

是非セルフケアを試してみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(柔道整復師・鍼灸師 森洋人 監修)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です