肩の痛み「このままでは仕事ができなくなるのではないか?」と不安でした。(京都市北区の男性)

こんにちは!
京都市北区 北野白梅町 円町 もり鍼灸整骨院の森です(^-^)

『肩の痛みでお悩みの患者さん』


当院に通院されている京都市北区にお住いの男性の患者さん。
建築現場の仕事をされていて、作業中の肩の痛み、服を着る際の袖を通すときに肩の痛みがあるとのこと。
仕事ではなるべく肩を使わないようにしているので「満足に仕事ができない」とお困りでした。
半年間も肩の痛みが続いていて、他の整骨院では良くならなかったために「このままでは仕事ができなくなるのではないか…」と不安なご様子でした。

肩の状態を検査すると、肩を挙げる動作、肩を後ろに回す動作で痛みが出ていて腰に手を回すのがやっとという感じでした。

お身体を詳しく診ると姿勢が悪く、このように肩が前に出ていました。

この状態で作業をすると肩の筋肉に負担がかかりやすくなってしまいます。
もともとこのような姿勢の方もいますが、この患者さんは以前に鎖骨を骨折してからこのような悪い姿勢になっていました。

肩を動かす時に動くのは肩の関節だけではなく、肩甲骨や鎖骨も一緒になって動きます。
姿勢が悪い方や、肩が前に出たような姿勢をされている方は肩甲骨や鎖骨の動きが悪くなりますく、結果的に肩の関節に負担が集中して肩を痛めてしまいます。

肩が痛くなる患者さんの治療は、肩に負担がかからないようにしてあげること。その為には肩甲骨や鎖骨の動きを良くすることが大切です。

さらにこの患者さんのように悪い姿勢の方は肘や手首の動きも悪くなっているので、肘や手首の動きを良くしてあげることも大切です。

実際にこの患者さんは肘と手首の整体をおこなうだけでも肩の動きがずいぶんと良くなりました。
手首、肘、肩甲骨、鎖骨というように整体をおこなうと、次第に肩の動きがよくなり施術後は腰に手を回せるようになりました。
当院に来られる前は他の整骨院で治療されて全然よくならなかったので「すごいですね!」と喜んでいただけました(*^^*)

半年前から続く症状でしたが、5回ほどの治療で仕事に支障の出ない程度まで回復し、今は月に一回の治療に来られています。
前回のご来院時には「全ッ然大丈夫でした!」1ヶ月間空いても痛みなく仕事をおこなえていたようです(^^)
お役に立てて本当によかったです!

ちなみに服を着る場合、
肩が痛い人は「痛い方の腕」から袖を通してください。
そうするだけで「服を着る時に肩が痛い」というお悩みはなくなりますよ(*^^*)

あなたは肩の痛みがなかなか良くならないとお困りではありませんか?
もしも肩が痛くて、肩をマッサージする、肩に電気を当てる、痛み止めを飲むなどのその場しのぎの治療しか行えていないのであれば、その肩の痛みはあきらめないでくださいね!
きちんと原因に対して治療をおこなえればその痛みもきっと良くなります。
京都市北区、上京区周辺で肩の痛みや五十肩にお悩みでしたらぜひ当院にご相談ください。

ご質問やお問い合わせはLINEでも承っております。

 

お悩みの方はぜひご相談ください。

(柔道整復師・鍼灸師 森洋人 監修)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。