野球肩を治すための3つの治療のポイント

こんにちは!
京都市北区 北野白梅町 円町近く もり鍼灸整骨院の森です。≪院長プロフィールはこちら≫

当院では野球肩・野球肘の専門治療をおこなっております。
肩や肘の痛みでご来院される方の中には、しばらく休んでも治療してもなかなか良くならず、

「大事な試合に間に合わなかった」
「思うようにプレーできずにレギュラーを外れた」
「選手生命すら危うい」

このような状況におかれている選手や子供たちも少なくありません。
一生懸命、最後まで全力で頑張った結果夢がかなわなければ後悔もしませんが、全力で頑張れずに夢破れては後悔してもしきれませんよね。

残念ながら野球による肩や肘の痛みは、単に休養(投球禁止)したり、一般的な治療(電気やマッサージなど)をしたりしても良くならないケースも多いです。
このような場合、「肩や肘を痛めた根本的な原因」が解決されていない可能性があります。
原因に対して治療をおこなうためには野球肩・野球肘、またはピッチングに対しての専門的な知識が必要です。

野球肩に悩んだ高校時代

実は私自身も高校時代、肩の痛みに悩まされていました。
当時治療にも通っていたのですがなかなか思うようには回復せず、ライバルに差をつけられたくない一心で痛みを我慢して練習をおこなった結果、大学での野球生活をあきらめることになりました。
今でも「あの時にこうしていれば…」と後悔することがあります。

現在、そのような痛みでお悩みの子供や選手に、私と同じような後悔をしてほしくないと治療家の道に進み、野球肩や野球肘の治療を専門的に学んできました。
多くの選手をみる中で、野球肩を治すためにはやはり身体の使い方や、投球フォーム、身体のバランスなどが大切だとわかりました。

ただ、そこまでサポートできる治療院はほとんどなく、本当につらい肩や肘の痛みに悩む選手を救える場所がない。
それならば「自分が作ろう」そう思い野球肩、野球肘専門の治療院を作り、その治療や活動は、全国版の野球雑誌にも取り上げていただけるようにもなりました。
現在は、京都府内外から痛みにお悩みの選手や子供たちがご来院くださっています。

【輝け甲子園の星 甲子園出場経験のある治療家インタビュー】

【投球個人レッスン】

【投球レッスン(院外活動)】

肩や肘の痛みを治すためには、ぜひチェックしてほしい「3つのポイント」がありますのでご紹介させていただきます。
もしもなかなか治らない痛みでお悩みでしたら、この辺りのポイントに問題があるかもしれません。

①肩甲骨の柔軟性

まず1つ目のポイントは肩甲骨の柔軟性です。

一般的に言われる肩関節の動きは「上腕骨」と「肩甲骨」の動きを合わせたものを言います。
肩甲骨の動きが悪くなると、上腕骨ばかりで肩を動かさなければならないので肩の関節に過剰な負担がかかります。
肩甲骨の動きがよければ肩関節に負担のかからない投げ方ができます。

②身体のバランス(スムーズに力を伝えられるか?)

2つ目は身体のバランスです。
例えば、肩甲骨の高さ、骨盤の高さ、片足立ちのバランス、左右の肩の力の入りやすさなど様々な身体のバランスをチェックすることが大切です。
なぜなら身体のバランスがよいほど力をうまくボールに伝えることができるからです。

写真の選手の「左右の肩甲骨の高さ」を比べると治療前(左)ではずいぶん高さが違います。
この選手は右投げですが、右肩に力を入れる検査をすると左肩よりも力が入りませんでした。
普通なら利き腕の力の方が強いはずですが、野球肩になる選手は利き腕にうまく力を伝えられない身体のバランスになっているのです。
これは「下半身の力を腕に伝えられていない状態」ともいえます。

③投球フォーム

柔軟性もある、身体のバランスも良い、力も入りやすい。それでも痛みが出る選手は投球フォームに問題がある可能性があります。

例えば上の写真のように下半身(軸足の股関節)の使い方が悪くなっている選手が多いです。
このような選手に「肘を上げろ」とか「腕を振れ」というような指導をすると肩や肘を壊す可能性があります。
この場合は下半身の使い方を変えることで上半身の動きも変ります。
野球肩や野球肘の痛みも、ちょっとしたフォームのアドバイスだけで改善することもあります。

当院での野球肩・野球肘治療

当院では、柔軟性や身体のバランスをチェックし、そして実際にボールを投げれる状態なら投球フォームのチェックもおこないます。


どこに問題があるかしっかりと見極めて、投球フォームが問題であれば投球指導を、身体の柔軟性やバランスに問題があれば整体や身体の使い方のトレーニングなどをおこないます。

このように原因に対してアプローチしていくことで多くの野球肩、野球肘は改善できます。

病院で骨や軟骨に異常があると診断され治療をあきらめる方もすくなくありません。
その場合は、に負担をかけない投げ方や体の使い方を身につけることで骨や軟骨の修復が早くなりますし、再発を防止することもできますので、あきらめる前に当院にご相談ください。

「あのときこうしていればよかった」と後悔しないためにも野球肩でお困りでしたら早く当院にご相談くださいね!

野球によるケガ、ピッチングに関するお悩みはこちら

MORIピッチングラボ】

MORIピッチングラボとは

ご質問やお問い合わせはLINEでも承っております。

 

お悩みの方はぜひご相談ください。

 

 

(柔道整復師・鍼灸師 森洋人 監修)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。