悪化させない!「外反母趾」の治療

こんにちは。
京都市北区にあります もり鍼灸整骨院 院長の森洋人です。

今回は、『外反母趾の治療』についてお話します。

・親指の外側が靴に当たって痛い
 
・歩くだけでも親指に痛みが出る

このように、足の親指の痛みでお悩みのかたや、

・足の幅が広くなって靴が履きにくくなった
 
・好きな靴が履けなくなった

日常生活に支障の出ているかたもいるのではないでしょうか。

原因はヒールだけではない。

『外反母趾』と聞くと、

ヒール靴や、幅のせまい靴を履いている女性の方々に多いイメージがあると思います。

もちろん、その影響も考えられるのですが、

最近は、男性や子どもたちでも外反母趾に悩む人が多くいらっしゃいます。

つまり、『ヒールやせまい靴だけが原因ではない』ということになります。

男性や子どもでもおこりうる、外反母趾。

どんな原因が考えられるのでしょうか?

外反母趾の原因は?

まずは、『足の指をしっかり使えていないこと』です。

「浮指」 「足の横アーチの低下」 「歩行時の足のねじれ」 など、

このような状態になっていると、足の指が上手く使えません。

筋肉と同じように、使わなければ足の機能はどんどん衰えていきます。

機能が衰えてしまえば、足の骨も変形してしまうので外反母趾になります。

では、なぜ足の指が使えなくなるのか。

股関節や足首の『ゆがみ』があると、

足の指をしっかり使って立つ・歩くことができなくなるのです。

足の指を使えるようになるためには『ゆがみの改善』が必須です。

『合わない靴』も原因になります。

小さすぎる靴も問題ですが、

大きすぎる靴を履くことによっても足元が不安定になり、

余計な負担が掛かることで、足首などのゆがみを作ってしまうのです。

誤った対処法にも注意!

最近は、テレビやインターネットなどでも様々な健康法が紹介されていますね。

外反母趾の治療も、その一つです。

「足の親指をグーっと引っ張るようなテーピング」

「足の指と指の間にスポンジなどのものを挟むような道具」

「足に合わないインソール」 など、

こうした対処法をしてもなかなか治らない、という経験があるかもしれません。

じつは、良かれと思ってやっていることが、

むしろ悪化させてしまっていることもあるのです。

手軽に情報が手に入るようになった分、

本質を見極める力が必要になっているのかもしれません。

当院の治療

『ゆがみ』や『ねじれ』を整える

股関節や足首などの「ゆがみ」を正しい位置に戻してあげることで、

しっかりと足の指を使って「立つ」「歩く」ことのできる体を作っていきます。

また、靴選びや対処法などの正しい知識をお伝えして、

足の状態を悪化させないようにお話していきます。

▼外反母趾の治療を受けた方のお喜びの声もたくさんいただいております。
https://mori18.com/archives/category/voice

あなたのお役に立てることがあります。

外反母趾でお悩みのかたはぜひ一度、もり鍼灸整骨院にご相談ください。

▼当院の、外反母趾の治療についてのページもご覧ください。

外反母趾の治療

 

ご質問やお問い合わせはLINEでも承っております。

 

お悩みの方はぜひご相談ください。

(柔道整復師・鍼灸師 森洋人 監修)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。