これだけで楽になる!椎間板ヘルニアの痛みを緩和する「眠り姿勢」

皆さんこんにちは。

京都市北区にあります もり鍼灸整骨院 院長の森と申します。

今回は腰の椎間板ヘルニアのお話をさせていただきます。

急性のヘルニアは本当に痛くて辛いものです。

その痛みを少しでも早く治すためには、普段の寝方が大切です。

実は寝方ひとつで痛みが軽減する方法があり、それを「ポジショナルリリース」と言います。

これはストレッチや運動と違って、痛みを感じにくくする姿勢(ポジション)を作るということです。

急性のヘルニアの方は「疼痛回避姿勢」と言って、無意識にその姿勢をとることもあります。

これは神経の負担を回避する姿勢で、その姿勢を寝ている時に再現すると、寝ている時の痛みが軽減します。

ヘルニアの性質によって楽になるポジションは異なることもあるので、いくつか試してもらえればと思います。

では紹介していきます。

椎間板ヘルニアの痛みを緩和させる姿勢

 

①上向きで寝て膝の下に枕を入れる

仰向けで寝る姿勢が楽な方は、さらに膝の下に枕を入れてみてください。

もっと高くても大丈夫です。

椎間板内圧といって、背骨にかかる圧力が最も弱くなる姿勢が上向きです。

立っているときや、立って前かがみになったときが椎間板に最も負担がかかります。

なので上向きになるかつ、膝を曲げるのが有効な方法になります。

②痛い側を上にして横向きに寝る

横向きで痛い側を上にしても椎間板にかかる負担は少し軽減できます。

実際にヘルニアの方にお聞きしたところ、このような姿勢が一番楽であるとお話になる方が多いです。

③横向きで足に枕をはさむ。さらに上半身をやや前傾

先程の姿勢から、さらに枕やタオルをはさみ上半身を前傾するようにねじります。

この姿勢も椎間板に掛かる負担が軽減されます。

④横向きで骨盤の下を高くする

座布団や布団で厚みのある台を作ります。

骨盤から腰あたりに座布団や布団を敷き、楽な姿勢を探してください。

このようにすると、頭痛回避姿勢と同じ姿勢になります。

まとめ

このような姿勢をとり、少しでも痛みを回避することで痛みからの回復は早くなります。

早く治るほど、慢性的な痛みにもなりにくいものです。

さらに整体や鍼灸治療は椎間板ヘルニアの治療にとても有効です。

京都で椎間板ヘルニアにお悩みでしたらご相談ください。

ブログの内容は動画でもご覧いただけます。

 

ご質問やお問い合わせはLINEでも承っております。

 

お悩みの方はぜひご相談ください。

(柔道整復師・鍼灸師 森洋人 監修)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。