ガチガチの足裏をゆるゆるにするツボ押しストレッチ。外反母趾・足底筋膜炎・足裏のしびれ・足裏の痛みに

皆さんこんにちは。

 

京都市北区にあります もり鍼灸整骨院 院長の森と申します。

 

今回は「ガチガチの足裏をゆるゆるにするツボ押しストレッチ」をご紹介します。

 

足の裏の痛み、しびれ、外反母趾でお悩みの方にはおすすめのストレッチです。

 

女性ならではの生理痛、PMS症候群、冷え、頭痛などにも効果的です。

 

 

外反母趾、足裏の痛みに効果的なストレッチの目的

 

このストレッチでは足のアーチを柔らかくすることができます。

 

足の裏には内側、外側、横の3つのアーチがあり、それぞれクッションの働きをして、足の衝撃を吸収しています。

 

足のクッションをしっかり使えると足の痛みや、肩こりや腰痛など改善できます。

 

また足首も柔らかくしていきます。

 

足首を柔らかくすれば、歩くときの負担も軽減できます。

 

 

外反母趾、足裏の痛みに効果的なツボ押しの手順

 

今回は簡単にできるよう、くるぶしから下のツボだけ行います。

 

5箇所のツボを紹介しますので、それぞれ10秒から15秒ほど指圧していきましょう。

 

自分の手の親指を使い、痛いような気持ちの良いような強さで押していきましょう。

 

 

照海(しょうかい)

 

このツボはくるぶしの下のくぼみにあります。

 

生理痛、更年期障害、アレルギーなどにも効果が期待できます。

 

 

 

 

 

公孫(こうそん)

 

このツボは足の内側の真ん中くらい、アーチが盛り上がっているところの下にあります。

 

 

 

 

 

太白(たいはく)

 

このツボは、足の内側の母指球のしたくらいを触ります。

 

 

公孫と太白は胃腸系のトラブルにもよく効くツボです。

 

 

 

 

湧泉(ゆうせん)

 

個のツボは足の裏のくぼみにあります。

 

このツボは婦人科系、腰痛、不眠症にもよく使われるツボです。

 

 

 

 

 

八風(はっぷう)

 

次に足の指と指との間にあるツボを使います。各指の間にあるツボをまとめて八風と呼びます。

 

手で言う水かきのところです。

 

このツボは婦人科疾患、足の疲れ、冷え、むくみなどに効果的です。

 

八風はつまんで数秒ぐりぐりしたり、手の指を挟んで刺激します。

 

 

 

 

 

金門(きんもん)

 

足の外側の骨のくぼみにあるツボです。

 

このツボは腰痛な治療などでもよく使います。

 

 

 

 

 

 

足臨泣(あしりんきゅう)

 

小指と薬指の間をなぞると、筋肉の溝がなくなるところにあるツボです。

 

「泣く」という漢字を使うくらい、押すとすごく痛いことが多いです。

 

このツボは目の疲れや、めまい、偏頭痛などに効果的です。

 

 

 

すべてのツボを刺激すると、押しているときはジーンとか、ツーンとか痛みを感じますが、終わると足がスッと軽くなります。

 

またツボを刺激する前と比べると、立っているときに足裏全体で地面を踏めている感覚が出てきます。

 

足の痛み、外反母趾のお悩みの方はぜひお試しくださいね。

 

ブログの内容は動画でもご覧いただけます。

 

 

 

(柔道整復師・鍼灸師 森洋人 監修)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です