こむら返りの原因と対処法。自分でできる治し方もご紹介。

 

 

皆さんこんにちは。

京都市北区にあります もり鍼灸整骨院 院長の森と申します。

 

季節の変わり目は、こむら返りのご相談が多いです。

 

こむら返りは、習慣的に繰り返し発症する方も多く、また痛みも強いので「なんとか治したい」と思われる方も多いのではないでしょうか。

 

今回はそんなこむら返りの痛みを治し、繰り返さない体になる方法をお伝えします。

 

こむら返りを治す3つのポイント

 

①こまめな水分補給

 

単にたくさん水を飲めば良いわけではありません。

 

一度にたくさん飲むと体に吸収されず、おしっことして体から出てしまいます。

 

ポイントはこまめに水分を補給すること。

 

15~30分に1度はひと含み分くらい飲むと良いです。

 

それと適度な塩分補給も大切。

 

最近では、健康ブームで塩分を控えすぎている人も多いです。

 

塩分と水分を補給することで、神経と筋肉の伝達がスムーズになります。

 

500mlのお水に塩を一つまみ程入れて飲むと効果的です。

 

 

②筋肉を温めましょう

 

筋肉が冷えてしまうことも、こむら返りの原因になります。

 

できるだけお風呂にはゆっくりつかって体を温めましょう。(お風呂上がりの水分補給も忘れずに)

 

 

時間がなくて忙しい方は、熱めのお風呂にパッと入ってもOKです。

 

短時間でも熱めのお風呂に入ることで、血圧を上げて全身に血を巡らせることができます。

 

ご高齢の方は注意が必要ですが、忙しくて時間がない、という方にはおすすめの入浴法です。

 

③こまめに姿勢を変えましょう

 

例えば、デスクワークで座る時間の長い方は、30分に1度、1分くらい立ち上がる癖をつけましょう。

 

 

デスクワークや座りっぱなしの方は、足首を動かす機会が少なくふくらはぎの筋肉が固くなります。

 

ふくらはぎは第二の心臓と言われるくらい循環に関わっています。

 

こまめに動くことでふくらはぎが柔らかくなります。

 

最後に、ふくらはぎを柔らかくするストレッチをご紹介します。

 

ふくらはぎのストレッチ

 

このように膝を伸ばし足首を曲げて座ります。

 

指先を持って、ふくらはぎを伸ばしていきます。

 

 

ポイントはふくらはぎと一緒に、足の指も伸ばすことです。

 

10~20秒、左右交互3セットほど行います。

 

次に立った状態で、足の甲を伸ばしていきます。

 

足の指をくの字に曲げて足の甲を伸ばすようにします。

 

10~20秒、左右交互に3セット程行います。

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

 

今回はこむら返りを改善する方法、繰り返しにくい体にする方法をお伝えしました。

 

このような対処を行ってもなかなか改善しないこむら返りは、足首を柔らかくする整体や、血の巡りをよくする整体を受けるとより早くよくなります。

 

当院でもこむら返りを治す治療を行っていますので、お悩みの方は是非ご相談ください。

 

動画の内容は動画でもご覧いただけます。

 

 

ご質問やお問い合わせはLINEでも承っております。

 

お悩みの方はぜひご相談ください。

(柔道整復師・鍼灸師 森洋人 監修)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。