腰痛の原因は「クッション性」の消失。腰本来の機能を取り戻して腰痛を改善する方法

 

 

 

皆さんこんにちは。

京都市北区にあります もり鍼灸整骨院 院長の森と申します。

 

今回は「腰痛を改善する方法」をご紹介します。

 

前回の動画では「腰に負担のかかりやすい5つの姿勢ランキング」をご紹介しました↓

 

 

こちらの動画では「腰椎の前弯」がなくなると腰痛になる、とお話しさせていただきました。

 

なぜなら、腰椎の前湾は衝撃を吸収するクッションの働きがあるからです。

 

ですので、腰痛にお悩みの方は腰椎の前湾を作ることが大切。

 

そこで今回は、腰椎の前弯を作って腰痛を予防改善する方法をご紹介させていただきます。

 

 

腰のクッション性を高めて腰痛を改善する方法

 

①こまめに姿勢を変える

 

例えばデスクワークや事務作業で、座り時間が長い人も多いと思います。

 

この姿勢を何時間、何年も繰り返していると、どんどん腰椎の前湾がなくなって、クッション性のない腰になります。

 

そのような方は、30分に1回は立ち上がり、1時間に2~3分は歩く癖をつけましょう。

 

そうするだけでも腰のクッション性は回復していきます。

 

 

 

②できるだけ歩きましょう

 

歩くことも腰のクッション性を高める上では大切なことです。

 

実は、歩いてるだけでも腰の筋肉がストレッチされ、クッション性のある腰になっていきます。

 

③腰椎前弯を復活させるストレッチをやってみよう

 

姿勢をこまめに変えることと、歩くことはストレッチよりも大事なことです。

 

ぜひ①と②を行ったあに次に紹介するストレッチを実践してみてみましょう!

 

腰椎の前弯ストレッチ

 

まずはこのように下向きに寝ます。

 

 

肘をついて、頭は正面を向きます。

 

この姿勢を20~30秒ほどキープします。

 

 

次は、逆に腰を曲げるストレッチをします。

 

このように膝を抱え込む姿勢をとります。

 

 

先ほどとは反対の動きをします。

 

10秒キープします。

 

伸ばして曲げるを2~3セットほど行います。

 

無理なく数回繰り返すと、さっきよりも楽にこの姿勢を作れることが多いです。

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

 

今回は腰椎前弯を改善する方法3選というものをご紹介させていただきました。

 

ご紹介し方法をお試しになって、腰椎前弯を復活させて腰痛改善に繋がれば幸いです。

 

ブログの内容は動画でもご覧いただけます。

 

 

当院ではLINEによるご相談も承っています。

 

腰痛にお悩みの方はぜひご相談、もしくはご来院くださいね。

 

(柔道整復師・鍼灸師 森洋人 監修)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。