前かがみになると腰が痛い…そんな腰痛を一瞬で改善するストレッチ

 

 

 

皆さんこんにちは。

 

京都市北区にあります もり鍼灸整骨院 院長の森と申します。

 

今回は「前かがみになると腰が痛くなってくる」そんな腰痛を改善するための方法、を伝えします。

 

きとんとおこなえばかなり有効なストレッチで、ほとんどの方が効果を実感されると思います。

 

前かがみで腰が痛い、そう思われる方はぜひお試しくださいね。

 

 

 

前かがみになると腰が痛くなる2つの原因

 

1.お腹の筋肉の硬さ

2.背中の筋肉の硬さ

 

主な原因は以上の2つ。それぞれ解説します。

 

 

お腹が硬くなると腰痛になる

 

 

お腹の筋肉の硬さは「体の防御反応」と言えます。

 

お腹を硬くすることで腰を守っています。

 

これは、天然の「コルセット」のようなものですね。

 

ぎっくり腰のときなどは、この現象が顕著におきるので、みなさんお腹の筋肉がガチガチになっています。

 

ところが、腰の状態がよくなっているにもかかわらず、いつまでもお腹が硬いままの人がいます。

 

例えば、熱したフライパンがすぐには冷めないのと同じで、人によってはいつまで経っても硬いまま、という人も存在してしまうのです。

 

 

腰と背中の硬さと腰痛

 

デスクワークや運動不足で、どうしても腰や背中の筋肉は硬くなりがちです。

 

前屈みになると、硬くなった腰や背中の筋肉が伸ばされるので、腰に痛みを感じてしまいます。

 

それでも「なんとか筋肉を伸ばして腰痛を治したい」と思う方もいらっしゃるでしょう。

 

そこで今回は、腰の筋肉に負担をかけることなく、簡単にお腹や背中を柔らかくできるストレッチをご紹介します。

 

前屈みがつらい腰痛を改善するストレッチ

 

ストレッチの前に、まずはどれくらい前屈できるかチェックしてみましょう。

 

できればストレッチ前と後の変化も比べてください。

 

ストレッチの方法は、こちらの動画でご覧になれます。

(ストレッチは2分44秒あたりです)

 

 

最後に

 

今回ご紹介したストレッチは、ほとんどの方が効果を感じられると思います。

 

ただし、腰痛を根本的に改善するものではありません。

 

繰り返す腰痛や、長年の腰痛にお悩みの方は、腰痛の原因となるお体の歪みや、バランスの崩れから改善するような整体が有効です。

 

つらい腰痛にお悩み方は、ぜひご相談くださいね。

 

当院ではLINEによるご相談も承っています。

 

お悩みの方はぜひご相談、もしくはご来院いただければと思います。

 

当院の腰痛治療についてはこちらのページをご覧ください

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

腰痛の治療

(柔道整復師・鍼灸師 森洋人 監修)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。