「整骨院と整体院の違いとは?」失敗しない治療院の選び方

こんにちは!
京都市北区 北野白梅町 円町 もり鍼灸整骨院の森です(^^)
ここ京都は少しずつ寒くなり、今週末には紅葉もだいぶ色付いてくることでしょう!
先週、当院近くの北野天満宮にもみじを見に行くとまだ色付き初めでしたが「赤と緑のコントラスト」がきれいでした♪
15056234_864129300390119_538383519978748538_n
さて話は変わりますが、

「整骨院と整体院って何が違うんですか?」
「どこに行ったらいいのかずっと悩んでいました」
0i9a350615032140wakaranai-thumb-1000xauto-18998
患者さんにこのようなご質問をいただいたことがあります。
ここ京都市は430件以上の整骨院(接骨院)、大手口コミサイトで「京都市、整体」と検索すると500件以上の治療院が名を連ねます。
これは本当にすごい数だと思います。
しかも、整骨院と整体院は名前がよく似ていて、何が違うのかいまいちよくわかりませんよね(^_^;)

私の症状は整骨院に行くべきなのか?
それとも整体院に行くべきなのか?

みなさんもこのように整骨院と整体院の違いがよくわからず困ってしまった、という経験をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そこで今回は「整骨院と整体院の違い」「治療院を選ぶポイント」
をご紹介したいと思います(*^^*)

整骨院(接骨院)とは?

b57548ff64cdb3b4b4e8ba2376919b44_s
まず前提として整骨院と接骨院は全く同じものです。
どちらも「柔道整復師」という国家資格を有しています。
柔道整復師とは、骨折・脱臼の応急処置や打撲・捻挫・挫傷の治療(柔道整復術)を行う国から認められた治療院です。
柔道整復師の国家資格を取るためには大学や専門学校にて3年間、およそ2800時間ほど医学や柔道整復術の勉強をします。
その後、国家試験に合格すれば柔道整復師の国家資格をもらうことができます。
ちなみに看護師のカリュキュラムは3000時間だそうです。

整体院とは?

2318a2d528f96c2f3abdeb2eb1cc904c_s
整体とは手技による民間療法や代替療法をおこなう治療院のことをいいます。
整体院にはいろいろな形態の治療院があり、骨のずれや歪みを調整する「カイロプラクティック」に代表される治療院もあれば、単に慰安目的でマッサージをするだけの整体院もあります。
整体院やカイロプラクティックは民間資格です。たくさん勉強されている方もいれば、数か月前までサラリーマンや主婦でしたという方もいます。

それぞれの違いは?

整骨院の場合、骨折や捻挫などのケガであれば保険が適応されます。
例えば「転んで足首をひねった」「階段から落ちて肩を打った」などの急性のケガであれば保険が適応されますが、肩こりや腰痛などの慢性症状は保険が適応されません。
料金は数百円ほどと安くで治療を受けることができます。
電気治療や牽引治療、ウォーターベッドなどを併用することで滞在時間は長くなりますが、実際に先生が施術する時間は10~15分が一般的です。
病院でも歯医者さんでも整骨院でも保険では「最低限の治療」しか行えません。
肩こりや腰痛の治療は保険が適応されませんので、肩こり腰痛は保険とは別の自費治療(保険外)で診られている整骨院が多いでしょう。

整体は保険が使えませんのですべて自費治療です。ケガの治療もおこなえません。
整体と一言にいっても、カイロプラクティック、オステオパシー、〇〇整体、□□療法、タイ式マッサージなど様々です。
治療を目的にしているところもあれば、慰安を目的にしているところもあります。

治療の目的で選ぶ

【ケガをした場合】

447093
骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷(肉離れ)の場合は整骨院、もしくは整形外科を受診しましょう。
ケガの治療は法律上、医師と柔道整復師にしかその資格は与えられていません。
整形外科ではレントゲンやCT、MRIなどの画像検査ができますので骨折や靱帯断裂など手術の必要がある場合は整形外科へ受診されると良いでしょう。
整形外科でレントゲンをとり「骨に異常がない」と判断されると、それ以上特別な治療が施されないケースがあります。
筋肉や手術の必要のない靭帯損傷などは整骨院が得意とする分野です。
病院に行ってシップや薬をもらってもケガの痛みがよくならなければ整骨院に行かれるのも良いでしょう。

【肩こりや腰痛のような慢性症状の場合】

74adc51447952b2607cfefb527746111_s
慢性の症状で、しっかりと治療を受けたい(治したい)場合は

①治療に特化した整体院に行く
②整骨院で保険外治療を受ける

という選択肢がります。
①の整体院を選択される時に気をつけたいのがその技術レベルです。
整体院やカイロプラクティック院では民間資格である以上どうしても技術レベルに差が出ます。
もちろん素晴らしい技術・知識をもった先生がいることも事実ですが、中には数週間から数か月の期間を経て整体師になったという方もいます。

②の整骨院を選択される時に気をつけたいのが法律を守っているかどうかです。
明らかな肩こりを「それは首のねんざなんですよ!」とか
明らかな慢性腰痛を「座っているだけでも腰の筋肉は捻挫します!」など
理解しがたい説明や、良くわからない理由をつけて肩こりや腰痛を保険で治療するような整骨院には気をつけましょう。
どんなに素晴らしい先生でも、やはり守るべきルールをきちんと守っているかどうかが治療院を選ぶ最低条件だと思います。

「治療に特化した整体院」の見分け方

①「〇〇分〇〇円」という時間制ではない
②美容やダイエットなどのメニューを押していない
③過剰な割引をしていない(初回8000円を今なら2980円!など)
④ホームページで患者さんの不安を過剰に煽っていない(派手な印象のあるページ)

時間で対価(お金)をもらっていない

これは整体院だけではなくて、整骨院でも言えることです。
治療に特化されている治療院は、「〇〇分〇〇円」と時間で対価をいただくのではなく、治療の効果で対価をいただきます。
素晴らしい先生ほど、短い時間でも最高の治療効果を出されていらっしゃいます。
このような先生は治療に特化されていますので、美容やダイエットなど、治療とはあまり関係のない施術はされていないことが多いです。

患者さんを不安にさせない

「このままじゃ危険ですよ!」と患者さんの不安を煽り
「1回の治療で90%が治ります!」と誇張した内容で興味を引かせ
「今なら〇〇名様限定で〇〇%割引!お急ぎください!」とさらに患者さんを煽る
このような派手なホームページをよく見かけます。

治療院のホームページをみて「なんか嫌」「なんとなく受け付けない」と感じたらあなたは不安になっている証拠です。
不安を与え、煽り立てるような治療院があなたの痛みを理解し、治してくれるのか?
私の知る限り、素晴らしい先生ほど「患者さんの不安を取り除き安心を与えること」を大切にされています。

1日でも早く治したい、本気で治療したい人へ

スポーツによるケガにしろ、肩こりや腰痛にしろ「本気で治療したい」場合は、
①自費専門の整骨院
②国家資格を有している整体院

を選ばれることをおススメします。
自費治療の最大のポイントは整体治療や鍼灸治療など保険では行えない治療をすることで根本的に体を良くすることができる点です。
最近は柔道整復師や理学療法士などの国家資格を持っている先生が保険を使わない整体院をされていることもあります。
国家資格を持っていないとダメというわけではありませんが、治療技術も医学の知識もしっかりしている無資格の整体院に巡り合う確率はとても高いとはいえません。

さていかがだったでしょうか?今回は治療をメインとした整骨院、整体院選びのお話しさせていただきました。
治療以外にも「癒しや」「安さ」を基準に治療院を探されている方もいらっしゃるでしょう。
そのような方には今回ご紹介した治療院選びは適さないと思います。
整骨院、整体院の選び方は「どこの治療院が良い、悪い」ではなくあなたのニーズに合った治療院をみつけることです。
今回ご紹介した内容が少なからずみなさんのお役に立てば幸いです。

ご質問やお問い合わせはLINEでも承っております。

 

お悩みの方はぜひご相談ください。

(柔道整復師・鍼灸師 森洋人 監修)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。