「外反母趾」で病院、整骨院を何軒まわっても良くならなかった女性

こんにちは!
京都市北区 北野白梅町 円町近く もり鍼灸整骨院の森です(^_^)

外反母趾にお悩の京都市北区にお住いの60代患者さんに治療のご感想をいただきました。

長年親指の痛みがあり、治療のために何件もの病院や整骨院に通われたそうです。

ところが満足のいくような治療効果は得られず、次第に足の親指の痛みがきつくなり、歩くことも辛いという状態になっておられました。

足の治療で有名な京都の大学病院に通っても良くならず、必死でネットを検索して当院を見つけてくださったとのことです。

足の痛みをかばう為か、来院時は足裏やアキレス腱まで痛みが出ていていました。
今まではテーピングやインソールを作成するなどして治療していたそうですが、親指の痛みは良くることはないとのこと。

お身体の状態をチェックすると、股関節と足首のバランスが崩れ、重心は偏り、足に負担のかかる状態になっていました。
実は、足の痛みは、痛んでいるその場所にだけ原因があるわけではありません。
その多くが、足首や股関節、骨盤などの全身のバランスの悪さの影響を受けています。

初回の治療では股関節、足首のバランスを整えることに。
すると足の負担も軽くなり、歩いた時の足の痛みはその場でほとんどなくなりました。

その後帰宅されてからも痛みはなく、2回目の治療に来られた際は「なんでこんなによくなるのだろう」と、とても不思議そうにされていました。

外反母趾の治療というと、テーピングをしたり足の指の運動をしたりすることを想像される方も多いかもしれませんが、それだけではなかなか良くなりません。
足の親指、もしくは痛みを出しているところに負担をかけている大元の要因を改善する必要があります。

今回の患者さんの場合は、硬くなった足首と股関節に原因があったので、そこにアプローチしたことで足の痛みが大幅に改善されました。

上手くいけば今回の患者さんのようにすぐに良くなるケースもありますし、すぐに良くならなくても数回治療を行うと、足の痛みは良くなることがほとんどです。

***************************

何が決め手で当院を受診されましたか?
外反母趾の痛みに長年悩んでおりました。
何件も病院、整骨院をまわりましたが満足する治療は受けられず。
今回はあまりに痛みがひどく歩けなくなり必死でネットで検索して見つけました。

どのような症状でお悩みでしたか?
外反母趾がひどく足裏、アキレス腱にも痛みがり歩くのが辛かったです。

実際に受診されてみてどうでしたか?
治療のあと帰宅時には全く痛みがなくなり、びっくり!!しました。
また痛みが再発するのでは…と不安でしたが、先生の指導くださるペースで治療を続けたら、
全く痛くなくなり普通に歩けるようになりました。ありがとうございました。
***************************

親指の変形や、足の痛みにお悩みの方はとてもたくさんいらっしゃいます。
その中には、足指の痛みのために手術を受けられる方もいます。
しかし、足指の痛みであればほとんどの場合、手術をしなくてもその痛みは改善できます。

仮に親指の角度、見た目だけを気にされているのであれば手術をするもの一つの方法でしょう。
ただ、手術をしても痛みが改善されないという方もいますし、指が変形する根本的な要因が解決されていないと再発する恐れもあります。

親指の痛みに悩んで、痛みを治すために手術を受けられるのであれば一度立ち止まって考えなおしてください。

私のおこなう外反母趾治療

親指の変形の根本的な原因は、狭いパンプスやヒールをはくことや遺伝によるものだと思われがちですが、むしろそれらは要因のごく一部にすぎません。
その根本的な原因は、悪い歩き方や、姿勢や日常生活での身体の使い方、癖、靴の履き方や選び方などにあります。

私はこの悪い歩き方や姿勢を改善し、靴の選び方や履き方を正しく指導することで、根本から改善を目指しあます。

身体のバランスを整えることが大切

悪い歩き方や、姿勢の原因は、股関節の硬さや骨盤の歪みにあることがほとんどです。
骨盤と股関節がねじれると、結果的に足が外側を向いてしまいます。
これはからだは全身つながっているからです。

つまり股関節や骨盤の状態を整えずに、足の整体をしてもテーピングをしても、外反母趾はなかなか改善しないか、良くなてもすぐに悪い状態に戻る可能性があるということです。

私は股関節や骨盤の状態を整えることで、歩き方や姿勢をよくしていきます。このバランスを整える整体が、足の治療においてとても重要なことなのです。

足を動きやすくする

足の痛みをお持ちの方の多くが、硬い足の親指になり、足の動きが悪くなっています。
これは、歩き方の癖が、足の親指に負担をかけるような歩き方になっていて、足の親指周りの靭帯や筋肉が硬くなるからです。
足の親指が硬いと、歩くときに足の親指に負担がかかります。
そしてそれがさらなる足の痛みや変形の原因になるのです。

足と全身はつながっています。
特に股関節や足首の硬さの影響で足の親指が硬くなっていることが多く、足の親指を柔らかくするにもやはりからだ全体を診ることが大切です。

足が痛い方のための靴選び

足の痛みにお悩みの方は、靴選びに苦労されるのではないでしょうか。足に合わない靴を履いていると親指の変形が悪化することもあります。
逆に、靴の問題を正すだけで、足の痛みが改善される方もたくさんいらっしゃいます。

私はフットケアトレーナーという資格を持っていて、靴選びのアドバイス、正しい靴の履き方なども指導させていただきます。
どんな靴をはいたら良いのかわからない、自分の足にあった靴を知りたいという方は安心して当院にご相談ください。

外反母趾による足の痛みは、手術をしなくても治ることがほとんどです。
そしてより根本的な治療をおこなうことで、今ある痛みが改善されるだけでなく、変形の進行を予防することもできます。
足の変形は放置していると必ず進行します。
そうなる前にぜひ一度当院にご相談いただければと思います。

ご質問やお問い合わせはLINEでも承っております。

 

お悩みの方はぜひご相談ください。

 

(柔道整復師・鍼灸師 森洋人 監修)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。