当院でおこなう「神経筋無痛療法」のご紹介

こんにちは!
京都市北区 北野白梅町 円町近く もり鍼灸整骨院の森です。

いよいよプロ野球の春のキャンプが始まりましたね。プロ野球ファンの方は待ってましたという感じではないでしょうか(^_^)
個人的には、松坂投手が中日に行って楽しそうに練習を行っていることが印象的です。
なんだ今年は期待できるかもしれませんね~

さて、先週の土曜日は大阪まで「小波津(こはつ)式神経筋無痛療法」という治療の勉強会に行ってきました。
毎週末、時間のゆるす限りこちらで勉強させていただいております。

代表の小波津佑一先生は、あの松井秀喜選手や金本知憲監督、現役のプロ野球選手やオリンピックメダリストなど名だたる選手の治療をされ信頼されている治療のスペシャリストです。
ご縁があり、そんなすごい先生のもと全国から限られた数名の先生たちと共に勉強させていただいております。
まだまだ勉強中の身ですが、当院でも「小波津式神経筋無痛療法」をおこなっております。

今回は「神経筋無痛療法」というものがどのような治療なのかについて、まだまだ勉強中の身ではありますが説明させていただきます。
この治療の考え方を知ると、なかなか良くならない痛みも「だから良くならないのか」とその原因が分かり、「良くなるかもしれない」と可能性を感じられるのではないでしょうか。

今までの常識を覆す治療法

私は今まで鍼灸や整体、カイロプラクティックなどの様々な治療を勉強してきました。しかしそのどれよりも、この神経筋無痛療法は痛みに効果的な治療だと確信しています。
なぜなら、私がこの治療を学び始めてから今までは対処できなかった難しい症例でも結果が出るようになったからです。

今までの私の治療では、鍼灸で直接筋肉を緩めたり、動きの悪い関節にアプローチして関節の動きを改善するような治療を行ってきました。
たしかに今までの治療でも治せる痛みはたくさんありましたが、なかなか良くならない痛みもありました。
私は「治療して筋肉や関節は確かに緩んでいるのに何で痛みがとれないのだろう」そう思い、悶々とする日々を過ごしていました。
そんな時に「神経筋無痛療法」と出会い、そして衝撃を受け今までの常識が覆りました。

緩めるだけでは取れない痛み

どう衝撃を受けたかというと、身体は緩めるのではなく「働きの悪くなった機能を回復させなければ痛みは取れない」ということを知ったからです。
神経筋無痛療法の特徴はこの「働きの悪くなった筋肉の機能を回復させる」ことにあります。

関節は筋肉によって支えられています。
これは腰でも肩でも膝でも関節ならどこでも同じです。
筋肉が正常に働けば関節への負担は少ないのですが、仮に筋肉の働きが悪くなれば関節への負担が増えてしまいます。
その負担のかかる状態が続くことで、さらに筋肉にダメージが蓄積し、結果的に筋肉の硬さや痛みを引き起こすと考えられます。
この筋肉をマッサージや鍼治療でいくら緩めても、筋肉がうまく機能しなければこの悪循環から抜け出すことができません。
簡単にいうと「力の入りにくい筋肉を、力が入りやすいようにしてあげる」ということです。

なぜ筋肉が機能するようになるのか?

ではなぜ筋肉がうまく働くようになるか…それは「神経にアプローチしている」からです。
これがこの治療法の最大のポイントだと思います。

「神経」と聞くととても難しく聞こえますよね。でも実はそんなに難しいことではありません。
みなさん「膝蓋腱反射」というものをご存知でしょうか?
昔、「脚気(かっけ)」の検査としてももちいられていた神経をみる検査です。

これは膝蓋腱というところを叩くことで神経の反射を起こすというテストです。
このような神経テストは膝だけでなく、足首や手首、肘など体のいたるところでおこなえます。
つまり、筋肉や靭帯、腱などを刺激することで神経に影響を与え、反射的に筋肉に反応を起こすことができるということです。
例えではありますが、このような神経のメカニズムを利用し筋肉の機能を向上させるのが神経筋無痛療法なのです。

筋肉が機能すれば「痛み」と「動き」が変る

例えば膝の痛みでしゃがめない人は、関節が変形しているからではなく筋肉がうまく機能していないから膝が曲がらなくなっています。
こちらは治療前は膝が痛くて2カ月間ずっとしゃがめなかった人が治療後にはしゃがめるようになった症例です。

病院では「膝の骨が変形しているから」といわれたようですが、治療で骨の変形が治ったとは考えられないですよね。
つまり膝の痛みや、しゃがめない原因は筋肉にあったということです。

このように、筋肉が正常に機能するようになれば痛みだけでなく、関節の動きなども改善します。
これは腰でも肩でも膝でも関節ならどこでも同じです。

もちろん重度の変形があれば動く範囲は限られますが、少なくとも治療前よりは動きやすくなることがほとんどです。

子供から高齢者まで安心して受けられるソフトな治療

この治療のもう一つの特徴は、痛みがないか痛みが少ない治療だということです。
この治療では、痛い場所をぐいぐい押したり、関節をバキバキするような刺激の強い治療ではありません。

力を抜いてもらい、関節や筋肉に少し刺激を入れるだけなのでご高齢の方から子供、痛い治療が苦手な方などどなたにでも受けていただくことができます。
余談ですが、むか~し習っていた「〇〇式背骨骨盤矯正」という治療は70歳以上にはおこなわないようにと言われていました。今考えるととても怖いことだと思います。

最後に

この治療を受けることで、今までマッサージをしても、鍼を受けても、矯正をしても、カイロプラクティックなどを受けても良くならなかった痛みが改善できる可能性があります。

なぜならどの治療にもない「筋肉の機能を回復させる」という効果があるからです。

残念ながら治療に「絶対」というものはありませんが、現時点で私の経験からすると痛みを改善するためにはこれ以上ない治療だと考えています。

当院でもこの神経筋無痛療法をおこなっております。
まだまだ勉強中の身ですが、10年後も20年後も私は「勉強中」と、同じことをいっているでしょう。

今回は神経筋無痛療法についてお話しさせていただきました。
辛い痛みでお悩みの方は当院に気軽にご相談いただくのではなく、まずはじっくり当院のホームページをご覧ください。
そして「しっかりと治療していきたい」と思われるようでしたら改めてご相談くださいませ。

ご質問やお問い合わせはLINEでも承っております。

 

お悩みの方はぜひご相談ください。

 

(柔道整復師・鍼灸師 森洋人 監修)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。