そのひざ痛、もしかしたら外反母趾が原因かもしれません。

こんにちは!
京都北区 はり灸整体 もり鍼灸整骨院の森です。

今日は「膝の痛みと外反母趾の関係」についてお話しさせていただきます。

先日ご来院いただいた患者さんは、長年膝の痛みに悩まれていました。

膝が痛くなると水が溜まるそうで、病院に行っては水を抜いてもらうのだそうです。
しかしすぐにまた膝の水が溜まり、ひざが腫れてくるとのこと。そんな状態の時に当院にお越しくださいました。

ひざの治療をしているのに痛みが治らない…
病院ではひざの変形だから仕方がないって言われる…
薬を飲んだり、サプリメントを飲んでごまかしている…
溜まっては水を抜いている…

このような痛みを感じられているあなたは「外反母趾」になっていませんか?

ご来院された患者さんは外反母趾もあったので、「もしかしたらそれが原因ではないのか?」と思って来院されたそうです。
ご自身でも薄々気づかれていたみたいですね。
診察させていただくと結論はその通りで、足が原因で膝の痛みを出していました。

ではいったいなぜ足の変形があると、膝の痛みを引き起こすのでしょうか?

足が原因でひざが痛くなる理由

実は、足の変形の原因に1つに「悪い歩き方」というものがあります。
この悪い歩き方をしているとまずは、足の変形が悪化します。

具体的には下の写真のように、股関節がねじれて、足の先は外を向くような歩き方です。
写真では大げさに表していますが、気がつかないうちにそのような歩き方になっている人はたくさんいます。

この歩き方をしていると、初めは足の負担が大きくなり、次第に膝への負担も大きくなります。
そうしているうちにひざの痛みを引き起こすようになってしまうのです。

ただ、中には足の変形があっても、ひざが痛くならない人もいます。

そのような人は足の変形があっても「足の機能」がしっかりしている人です。
足の機能とは、簡単に言うと足の指がしっかりと動いて、足の指にもしっかりと力の入る人です。

比較的活動的な方は、足の変形があっても、足の機能がしっかりしている場合が多いです。

足の機能がしっかりしていると足自体の痛みも出ませんし、膝や股関節などの他の部分に痛みが出ることはありません。

逆に言うと、変形が軽度でも足の機能が失われるとひざや股関節は悪くなります。

少し詳しく足の機能についてみていきましょう。

大切な足の3つの機能

①クッション性(衝撃吸収)
足のアーチがしっかりとしている方は、歩いているときにかかる足の衝撃をきちんと吸収することができます。
逆に足のアーチがつぶれている方は、身体にかかる衝撃を吸収することができず、ひざや股関節などに大きな負担をかけてしまいます。

②重心移動
足の骨の柔軟性があることで、歩いているときの重心移動がスムーズに行われます。
外反母趾の方は、足の関節が硬くなる傾向にあるので、それが原因で膝や股関節、腰などの負担になることもあります。

③安定性
足の筋肉がしっかりしていることで、立っている時や歩いているときの身体のバランスを保ってくれいます。
足の変形があると、足の指の力が弱く、うまく身体を支えられなくなります。

このように足ってめっちゃ大切なんですね。
詳しく言うともっとたくさんあるんですが、足と膝との関連は、大きくこの3つだと考えています。
このうちのどれか1つでもかけると、身体のどこか、特に下半身のどこかに不調や痛みが出てきます。

この働きを全うするためには、足のアーチ構造、親指の働きが欠かせません。
しかし親指の変形がある方はこのアーチ構造の破たん、親指が使えていないという問題を抱えています。
だから外反母趾の方は膝の痛みや、股関節の痛みが起きやすいんですね。

「でも、外反母趾って本当によくなるの?」そう思われる方も少なくないでしょう。

当院にも足の変形や痛みにお悩みの方がたくさん来られますが、きちんと治療をおこなうことでほとんどの方が改善されます。
骨の変形がひどく、変形の改善は難しくても、足の機能を高めて、ひざや股関節の痛みを改善することはできます。

実際にこの患者さんは2回目来院された時には、ひざの水のたまり具合が改善されていました。
もちろんひざの治療もおこないましたが、決して親指の変形が治ったわけではありません。あくまで足の機能が改善したというわけです。

ひざの痛み、股関節の痛みなかなか改善されない方で、足の変形がある人は、ひざや股関節だけではなく足の問題も考えてみてはいかがでしょうか?

当院の外反母趾治療

足のトラブルの原因は足だけではありません。
骨盤や股関節が原因になっていることがほとんどですので当院では足、股関節、骨盤の整体治療と、足のテーピングにて施術を行います。
整体治療
IMG_1387  DSC_0233
外反母趾テーピング
img_gaihanboshi07
3か月施術された患者様の足です。(右足)
山本様

【フットケアトレーナーとして足の治療には自信があります!】

010e1e3ce3777e8e18dd71378cdbbbf3619d362414
当院院長はフットケアトレーナーという足治療の専門家です。足は体の土台になる部分なので、足のバランスが崩れると膝や腰、首などの不調を引き起こすことがあります。
足のバランスを整えることは根本治療そのものだと思い、当院ではその治療に重きを置いています。
当院では足の変形からくる、ひざや股関節の痛み、腰痛、肩こり、偏平足、巻爪、タコや魚の目、その他足のトラブルにも対応できます。

足の変形は進行性ですので、放置していると必ず悪化します。
足の親指の痛みがある方は今すぐ治療をおこなうべきですし、痛みがなくても膝や股関節などの痛みの原因になりますので、足の変形がある方は早めに治療をおこなうようにしましょう。
足の変形や痛み、ひざ、股関節などの痛みにお悩みの方はぜひ一度当院にご相談くださいね。

《外反母趾治療専門ページはこちら》

ご質問やお問い合わせはLINEでも承っております。

 

お悩みの方はぜひご相談ください。

(柔道整復師・鍼灸師 森洋人 監修)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。