足の親指がねじれる「外反母趾」その原因と改善方法

 

 

みなさんこんにちは。

 

京都市北区にあります、もり鍼灸整骨院院長の森です。

 

今回は 足の親指がねじれてしまうような外反母趾の原因とその対処法について解説します。

 

親指がねじれるというのはこちらの写真のように、足の親指の関節が内側を向いてねじれているものです。

 

 

 

こういった外反母趾は改善が難しいとされています。

 

今回お伝えする方法をお試しいただくと、軽度のものであれば少し改善する可能性もあります。

 

また、重度のものでも進行予防になりますのでぜひ最後までご覧ください。

 

 

足の親指がねじれる外反母趾になる理由

 

大きく分けて要因は2つあります。

 

①過回内足という足首のねじれがある

 

足首が内側にねじれる過回内足というものがあります。

 

足首のねじれに連動して母趾もねじれますので、過回内足が強ければ強いほど外反母趾も悪化します。

 

 

②靴の影響を受けている

 

足首が固定されてない靴を履いていると靴の中で足が動きすぎてしまう。

 

そのため足にねじれるような力が常に加わります。

 

!改善方法!

・正しい靴の選び方や履き方をする

 

・足首の捻じれを改善する

 

ことが大切です。

 

また動画でもねじれを改善するセルフケアをご紹介しておりますのでよろしければご覧ください!

 

最後に

 

先程お伝えしたようにやはり根本的な話をしていくと、足首のねじれや靴の問題があります。

 

足の変形は全て結果なので、その結果を引き起こす要因や原因を変えていかないと意味がありません。

 

少し矯正できたかなと思ったとしても、それが改善していないと元に戻ってしまいますので、そういったことも含めてしっかりと取り組んでいければいいのではないかと思います。

 

当院でも外反母趾の治療を行っておりますのでお悩みの方は是非ご相談ください。

外反母趾の治療

 

(柔道整復師・鍼灸師 森洋人 監修)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です